創造(そうぞう)代行者(だいこうしゃ) ヴィーナス/The Agent of Creation - Venus》

効果モンスター
星3/光属性/天使族/攻1600/守   0
500ライフポイントを払って発動する。
自分の手札またはデッキから「神聖なる球体」1体を
自分フィールド上に特殊召喚する。

 天空の聖域で登場した光属性天使族下級モンスター
 リクルーターの一体であり、《神聖なる球体》手札デッキから特殊召喚する起動効果を持つ。

 ライフコストと引き換えに最大で3体の《神聖なる球体》特殊召喚できる。
 自身も《神聖なる球体》ステータスが低いが、複数の《神聖なる球体》ランク2のエクシーズ召喚に繋げられる利点がある。
 を作りつつこのカード攻撃力を底上げできる《ガチガチガンテツ》は、この欠点を克服してくれるだろう。
 2回攻撃が可能な《ダイガスタ・フェニクス》戦闘耐性除去効果を兼ね備える《神騎セイントレア》も選択肢となる。
 また、《オッドアイズ・セイバー・ドラゴン》《魔聖騎士ランスロット》を展開するためのコストを捻出するためにも使える。
 《融合》がある場合は《始祖竜ワイアーム》を出すことも容易。
 リンク素材にも適しており、4体並べて《ファイアウォール・ドラゴン》を出せる他、《神聖なる球体》1体を《リンク・スパイダー》にし、残り3体で《電影の騎士ガイアセイバー》をそのリンク先に出すことでリンク先を2枠に増やすといったことも可能。

 自身は《神秘の代行者 アース》サーチできるため、併用して展開とデッキ圧縮の性質を最大限に活かしたい。
 《神秘の代行者 アース》チューナーなので、召喚権の兼ねあい次第ではシンクロ召喚も狙いやすい。
 特に非チューナーが2体以上指定されているレベル9の《氷結界の龍 トリシューラ》が2枚で出せるようになるのは大きいと言える。
 また、特殊召喚効果を持つ《TG ストライカー》《TG ワーウルフ》ならばサポートカード無しで並べることも難しくない。
 【TG代行者】では、状況に応じてシンクロモンスターエクシーズモンスターが選択できるため様々な展開ルートを確立できる。

 一度に3枚ものカード特殊召喚できるため、《D−HERO Bloo−D》等を特殊召喚することにも役立つ。
 中でも《アルカナフォースEX−THE LIGHT RULER》《アルカナフォースEX−THE DARK RULER》は同じ天使族なので種族サポートを共有しやすい。
 大量展開から《団結の力》等での総攻撃力強化《神聖なる球体》《馬の骨の対価》コストにするといった運用も考えられるだろう。

 墓地からの特殊召喚はできず、一度展開してしまうと2枚目以降のこのカードバニラと化す。
 モンスター効果の発動を複数回狙うのならば《貪欲な壺》等の《神聖なる球体》の回収手段は用意しておきたい。
 もっとも、同デッキで自身は《マスター・ヒュペリオン》特殊召喚コスト墓地に送られ《神聖なる球体》除去効果コストに充てられる。
 回収することが一概にメリットになる訳ではないことは留意しておきたい。

  • 「ヴィーナス(Venus)」とは、「金星」の意味である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:既に3枚が墓地にあるなどして「デッキ《神聖なる球体》が1枚もないのが明白」な場合、効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(07/11/03)

Q:デッキ《神聖なる球体》を2枚しか入れていないとします。
  デッキ内は非公開情報ですが、「2枚が既にデッキ以外にあることが明白」な場合、効果発動できますか?
  (相手からは、空撃ちかどうかわからない)
A:いいえ、自分デッキ内の情報を理解しているはずなので、自分空撃ちになると分かっている時は発動してはいけません。(07/11/03)


Tag: 《創造の代行者 ヴィーナス》 効果モンスター モンスター 星3 光属性 天使族 攻1600 守0 代行者

広告