造反劇(ぞうはんげき)/Rebellion》

速攻魔法
「造反劇」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分・相手のバトルフェイズに相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールをバトルフェイズ終了時まで得る。
このターン、対象のモンスター以外の自分のモンスターは攻撃できない。

 MILLENNIUM PACKで登場した速攻魔法
 バトルフェイズの間だけ相手モンスターコントロール奪取を行う効果を持つ。

 相手の最も攻撃力の高いモンスターコントロールを奪うことで、自分ターンにおいては攻めに、相手ターンにおいては守りに使える。
 自分ターンに使用した場合は他のモンスター攻撃できなくなるデメリットを持つが、既に攻撃をしたターンでも発動できるため、自分モンスター攻撃した後にこのカードを使うとよい。
 《禁じられた聖槍》効果を受けたモンスター《力の代行者 マーズ》などの魔法カード効果を受けないモンスターは、このカードデメリットを無視して攻撃が可能となる。

 なお、バトルフェイズ限定なので、コントロール奪取してもそのままではアドバンス召喚リリースや、シンクロエクシーズリンク素材などには使えないが、《ライバル・アライバル》や、《緊急同調》《ワンダー・エクシーズ》《星遺物からの目醒め》の併用で可能になる。
 《強制終了》等のコストや、《マスク・チェンジ・セカンド》M・HEROに変換することで、対象としたモンスターを完全に除去することが可能となる。
 同様の事は《精神操作》でも可能なので、追撃を仕掛ける、1ターンに1度効果適用するなど、バトルフェイズに行う事がメリットとなるように工夫したい。

  • アニメでは通常魔法だった。
    イラストは原作と比べ、アニメ版は集中線がなくなっており、OCG版では造反されている人物の帯が蒼から服と同じ色に変わっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《造反劇》 魔法 速攻魔法

広告