堕天使(だてんし)マスティマ/Darklord Nasten》

効果モンスター
星7/闇属性/天使族/攻2600/守2600
自分は「堕天使マスティマ」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、
その(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカード以外の「堕天使」カード2枚を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
その魔法・罠カードの効果を適用する。
その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 ブースターSP−デステニー・ソルジャーズ−で登場した闇属性天使族最上級モンスター
 堕天使2枚を捨てる事で自身を手札から特殊召喚する起動効果墓地堕天使魔法・罠カード効果適用させる誘発即時効果を持つ。

 (1)は堕天使2枚を手札コストに自身を手札から特殊召喚する効果
 手札から特殊召喚するために手札コスト2枚を要求するため、非常に重い
 しかし、堕天使の中で自身を特殊召喚できるのは現状このカードのみであり、下級モンスターも1体しか存在しないため、手札事故を回避する事はできる。

 堕天使魔法・罠カードなら墓地から再利用可能なのでコストにしても損失は少ない。
 堕天使罠カードコストにして墓地に置けば(2)の効果で即座に使用可能になる。
 また、《堕天使の追放》堕天使モンスターを確保しておけば、コストにした後《堕天使の戒壇》での蘇生に繋がり、さらに《堕天使の追放》を再利用するといった流れも狙える。

 (2)の効果については《堕天使イシュタム》を参照。

  • マスティマ(マンセマット)とは、ユダヤ教の「ヨベル書」に記されている悪魔または天使のことである。
    マスティマは、人間を害したり誘惑したりする事で神への忠誠心を試みる存在であるとも言われている。
    「マスティマ」はヘブライ語で「敵意」・「憎悪」を意味する。
    上記の設定と、《堕天使の戒壇》イラストより天界と通信している様子が覗えることから、《堕天使マスティマ》は天界からの諜者と考えられる。

関連カード

―《堕天使マスティマ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《堕天使マスティマ》 モンスター 効果モンスター 星7 闇属性 天使族 攻2600 守2600 堕天使

広告