大進化薬(だいしんかやく)/Big Evolution Pill》

通常魔法
自分フィールドの恐竜族モンスター1体をリリースしてこのカードを発動できる。
このカードは発動後、フィールドに残り続け、
相手ターンで数えて3ターン目の相手エンドフェイズに破壊される。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分はレベル5以上の恐竜族モンスターを召喚する場合に必要なリリースをなくす事ができる。

 ストラクチャーデッキ−恐竜の鼓動−で登場した通常魔法
 恐竜族1体をリリースして発動し、3ターン自壊するまで恐竜族召喚のためのリリースが不要になる。

 3ターンの間、《ジュラック・タイタン》《究極恐獣》等の高レベル恐竜族リリースなしで召喚できるようになる。
 しかし、このカードリリースモンスター1体で計2枚のディスアドバンテージになり、一度だけならアドバンス召喚と消費が変わらない。
 大抵の場合、墓地コストのみで手札デッキから召喚条件を無視して特殊召喚できる《究極進化薬》の方が扱いやすいだろう。
 また、容易にサーチできライフコストのみで使用できる《死皇帝の陵墓》の存在も考慮したい。

 したがって、このカードを採用する場合は、デッキ構築の段階で工夫する必要がある。
 《二重召喚》などを利用し、連続で高レベルモンスター召喚する事でアドバンテージの回復を図りたい。
 リリースコストとしては、《ジュラック・スタウリコ》効果で発生するジュラックトークンや、特殊召喚可能な《俊足のギラザウルス》が適する。

 なお、《光の護封剣》と同じくフィールドに残る通常魔法であり、このカードが存在しなければ効果適用されない。
 発動時に破壊されるとリリースした分のボード・アドバンテージを失っただけとなってしまうので、破壊されないようにサポートしたい。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:裏側守備表示セットする場合もリリース無しでできますか?
A:いいえ。「リリースなしで召喚することができる」と書かれているので、セットの場合はリリースが必要となります。

Q:このカードはどのタイミングで自壊しますか?
A:相手ターンで数えて3ターン目のエンドフェイズ自壊します。

Q:このカードの発動《マジック・ジャマー》チェーンした場合、どうなりますか?
A:破壊され墓地に送られます。

Q:このカードの発動《魔法封印の呪符》チェーンした場合、どうなりますか?
A:フィールドに残りますが効果は失われます。なお、カウントは継続され3ターン後には自壊します。

Q:このカード《二重魔法》発動した場合、どうなりますか?
A:この場合は、墓地からフィールドに置かれます。効果も発揮されます。

Q:《D−HERO ダイヤモンドガイ》効果でめくった場合、次のターンに使用する場合はどうなりますか?
A:フィールドに置くことはできず、効果適用できません。(09/01/18)


Tag: 《大進化薬》 魔法 通常魔法 進化薬

広告