団結(だんけつ)(ちから)/United We Stand》

装備魔法
(1):装備モンスターの攻撃力・守備力は、
自分フィールドの表側表示モンスターの数×800アップする。

 Spell of Mask −仮面の呪縛−で登場した装備魔法
 《魔導師の力》とは対を成し、自分フィールド上の表側表示モンスターの数に比例して効力が増していく。

 単体強化装備魔法の中ではトップクラスの性能を誇り、《デーモンの斧》と並び単体強化手段の基準となっている。
 単体でも攻撃力守備力が800ポイントもアップするため、下級モンスターでも最上級モンスターに並ぶステータスとなる。
 同時に守備力強化するため、表側守備表示に変更されたり、ステータスを入れ替えられても耐えやすい。

 装備カードにまつわる効果を持つカードを、多く擁するテーマデッキでは、高順位の採用価値が認められる。
 モンスターを大量展開しやすいデッキなら強化数値も跳ね上がり、1ターンキルも容易になる。
 《重装武者−ベン・ケイ》《不意打ち又佐》等も1ターンキルを狙いやすい。

 【超時空戦闘機】においては、《ビクトリー・バイパー XX03》トークン生成効果とも相性が良い。
 モンスターを1体戦闘破壊するだけで、攻撃力2800のモンスターが2体も並ぶ。

 《スケープ・ゴート》《カバーカーニバル》《超カバーカーニバル》といったトークンを大量発生させるカードとも相性が良く、瞬時に最大強化が狙える。
 【ペンデュラム召喚】系列とも効果的で、特に展開力は安定しているがメインデッキでの戦闘力は劣る【マジェスペクター】【イグナイト】に投入すれば、厄介なモンスター戦闘で突破するにも役立つ。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D'sの「遊星vs鷹栖」戦において、遊星のデッキに投入されているのが確認できる。
    また、回想シーンにおいて、ボマーが村の子供達に渡しているカードの中にも確認できる。
    また、カップラーメンマン(クロウ)に敗北した男が持っていた。
  • アニメZEXALでは、完全下位互換である《ドッグキング》が登場している。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではEXステージのヨハンと龍亞が使用する。
    龍亞は、基本的に1ターンキルを狙って装備させる。
    • タッグフォース6において、WRGP決勝トーナメントのチーム・ユニコーン戦終了後、彼らに進呈されたのがこのカードだった。

関連カード

―《団結の力》が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:相手モンスターに装備させた場合、攻守の変化はどうなりますか?
A:このカードコントローラーフィールドモンスター数で判断します。

Q:装備モンスター自分表側表示コントロールするモンスターとして数えますか?
A:はい。装備モンスター自分表側表示コントロールするモンスターとして数えます。


Tag: 《団結の力》 魔法 装備魔法

広告