地獄(じごく)扉越(とびらご)(じゅう)/Barrel Behind the Door》

カウンター罠
ダメージを与える効果が発動した時に発動する事ができる。
自分が受けるその効果ダメージを相手に与える。

 新たなる支配者で登場したカウンター罠
 自分が受けるダメージ相手に与える効果を持つ。

 ダメージを相手に移し替えられるが、自分ダメージを受けることが確定していること、カードの発動に対してのみという条件があるため、ダメージ対策とするなら《ハネワタ》の方が使い勝手が良い。
 メタというよりは自分カードによるダメージ相手に与えるカードと見るべきか。

 しかし、チェーンブロックの直前にあるカードにしか発動できないため、自発的に使うと相手に妨害される可能性もある。
 例えば、自分《火炎地獄》発動しそれに《地獄の扉越し銃》をチェーンして発動しようとしたとする。
 しかし、相手《火炎地獄》《サイクロン》等、何らかのチェーンをした場合、《地獄の扉越し銃》は使えなくなる。
 これは《火炎地獄》発動した時点で、優先権相手に移るためである。

 《記憶破壊者》《グラナドラ》等とのコンボも可能。
 しかし、1回しか返せないため能動的な活用は可能でも、【ロックバーン】【フルバーン】対策には到底なり得ないだろう。

 このカード発動できるかどうかの判断が難しい。(下記の発動できる対象の条件参照)
 そして効果の解釈がややこしい。
 例えば相手の《地獄の扉越し銃》にチェーンして《地獄の扉越し銃》は発動できない。
 これは「移し変えられた」のであって「与えられた」というわけではないためである。

  • 「遊星vsジャン」戦では、このカードによく似た効果をもつ罠カード《リフレクト・バリア》を遊星が使用している。

関連カード

チェーン可能な主なカード

収録パック等

FAQ

Q:自分《連鎖炸薬》チェーンした場合、このカード発動させた時の1000ダメージはどうなりますか?
A:そもそも、効果処理の時点でダメージを与えるものではない《連鎖炸薬》に対して発動させることができません。
  また、すでに《連鎖炸薬》表側表示になっていても、その《連鎖炸薬》ダメージチェーンブロックを作りません。

Q:《ファイアーダーツ》のような「ダメージを与えることは確定だがダメージの数値が未確定」のカードに使えますか?
A:発動できます。

Q:《グリード》の「表側表示にする発動」(カードの発動)に《地獄の扉越し銃》を発動できますか?
A:いいえ、できません。(08/05/16)
  →《我が身を盾に》永続罠の関係も参照

Q:相手はこのターンスタンバイフェイズ《ピケルの魔法陣》発動しました。
  相手《火炎地獄》発動した場合に、自分は《地獄の扉越し銃》を発動できますか?
  (相手効果ダメージを受けない状態の時にこのカード発動できますか?)
A:はい、できます。この場合どちらのプレイヤーダメージを受けません。(13/06/05)

Q:自分《サイクロン》発動し、相手《BF−マイン》を破壊しました。
  相手《BF−マイン》はダメージを与えるカードなので、このカードを発動することはできますか?
  また、その際《BF−マイン》のドロー効果はどう処理しますか?
A:カウンター罠である《地獄の扉越し銃》は、罠カードの「カードの発動」にチェーンできますが、「効果の発動」のみにはチェーンすることはできません。
  したがって、《BF−マイン》の効果は通常通り適用されます。(15/02/06)

Q:相手《CNo.103 神葬零嬢ラグナ・インフィニティ》の効果を発動し、自分の攻撃力が変動しているモンスターを選択しました。
  相手《CNo.103 神葬零嬢ラグナ・インフィニティ》はダメージを与えるカードなので、このカードを発動することはできますか?
  また、その際、同時に発生する除外効果は処理しますか?
A:《CNo.103 神葬零嬢ラグナ・インフィニティ》の効果にチェーンして、《地獄の扉越し銃》を発動することが出来ます。
  この場合、自分の受けるダメージを相手に与えたため、《CNo.103 神葬零嬢ラグナ・インフィニティ》の除外効果は適用されません。(15/02/12)


Tag: 《地獄の扉越し銃》 カウンター罠

広告