地帝(ちてい)グランマーグ/Granmarg the Rock Monarch》

効果モンスター
星6/地属性/岩石族/攻2400/守1000
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合、
フィールドにセットされたカード1枚を対象として発動する。
セットされたそのカードを破壊する。

 FLAMING ETERNITYで登場した地属性岩石族上級モンスター
 の1体であり、アドバンス召喚に成功した場合にセットされたフィールドのカード破壊する誘発効果を持つ。

 アドバンス召喚ディスアドバンテージが発生するが、除去効果によりそれを補え、伏せカードであればカードの種類を問わずに破壊できる。

 しかし、モンスター除去能力は《雷帝ザボルグ》に、伏せ除去能力は《氷帝メビウス》に、種類を問わずフィールドのカード除去する能力は《邪帝ガイウス》《風帝ライザー》に劣る。
 《カードガンナー》等を破壊してしまう可能性もあれば、相手ブラフとして伏せたものやフリーチェーン魔法・罠カード破壊して空振りに終わる可能性もある。
 そもそも、表側表示モンスターに対しては何もできないため、他のよりも状況打破に向いていない。
 また、強制発動誘発効果なので、自分フィールドにのみセットされたカードが存在する場合にアドバンス召喚すると自分カード破壊してしまう事になる。

 「」としての採用価値は非常に低いが、【岩石族】においては貴重なアタッカーとして重宝される上級モンスターである。
 《ヒエラコスフィンクス》《激昂のムカムカ》もいるが、上級アタッカーとして機能する上、除去効果もあるため一歩抜きんでている。
 伏せ除去要員としての活躍の他、《ギガンテス》《メガロック・ドラゴン》での除外から《化石岩の解放》帰還しての奇襲も期待できる。
 【ダーク・ガイア】でも岩石族アタッカー融合素材として活躍できる。
 また《月の書》効果利用のサポートができ、岩石族には《月の書》と相性が良いモンスターが多いので、是非共に採用したい。

 セット状態で破壊された場合に効果を発揮する《Z−ONE》などを併用し、自分カード破壊することになった場合のリスクを減らす手もある。

  • 《進撃の帝王》イラストにより、他のよりも格段に大きい事が判明した。
    なお、下記のアニメのエピソードでは、他の帝達と同じぐらいの大きさであった。
  • アニメZEXALII(セカンド)の「凌牙vsアビス」戦でアビスが使用した通常魔法《ゴルゴニック・パイル》、アニメARC-Vの「黒マスクの男vs沢渡」で沢渡が使用した通常魔法《アドバンス・カーニバル》のイラストに描かれている。

関連カード

―類似効果

―《地帝グランマーグ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:セットされたカードが存在しないときにこのカードアドバンス召喚した場合、このカードの効果発動しますか?
A:発動しますが、不発となります。


Tag: 《地帝グランマーグ》 効果モンスター モンスター 星6 地属性 岩石族 攻2400 守1000

広告