超重剣聖(ちょうじゅうけんせい)ムサ−(シー)/Superheavy Samurai Swordmaster Musashi》

シンクロ・効果モンスター
星5/地属性/機械族/攻 300/守2300
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードはルール上「超重武者」カードとしても扱う。
(1):このカードがS召喚に成功した時、
自分の墓地の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
自分の墓地に魔法・罠カードが存在する場合、
このターン自分はそのモンスター及びその同名モンスターを召喚・特殊召喚できない。
(2):このカードは表側守備表示のままで攻撃できる。
その場合、このカードは守備力を攻撃力として扱いダメージ計算を行う。

 Vジャンプ(2015年12月号) 付属カードで登場した地属性機械族シンクロモンスター
 超重武者として扱う効果外テキストシンクロ召喚に成功した時に機械族1体をサルベージできる誘発効果守備表示のまま攻撃できる永続効果を持つ。

 【超重武者】では、《超重武者テンB−N》《超重武者ツヅ−3》蘇生させればシンクロ召喚できる。
 とはいえ、シンクロ素材の制限はなく、効果超重武者に限られているわけではないため、他の【機械族】デッキでも採用を検討できる。

 (1)の効果は、シンクロ召喚に成功した時に機械族サルベージできる効果
 ただし、墓地魔法・罠カードが存在する場合、サルベージしたモンスターはそのターン召喚特殊召喚ができなくなる。
 もっとも、このカードシンクロ召喚した時点で既に通常召喚権がない場合も多く、《工作列車シグナル・レッド》《速攻のかかし》のような手札誘発効果を持つモンスターであれば全く関係ない。
 《マシンナーズ・フォートレス》特殊召喚融合召喚コストにも問題なく使えるため、【フルモンスター】構成でなくともサルベージ要員として採用できる。

 また、《スクラップ・リサイクラー》効果デッキからモンスター墓地へ送ることで、擬似的にありとあらゆる機械族サーチできる。
 レベル2のチューナーと併用すれば容易にこのカードシンクロ召喚できるので、サーチしにくい機械族キーカードを用いるデッキでも採用を検討できるだろう。

 (2)の効果は、守備表示のまま守備力攻撃力として攻撃できる効果
 2300はレベル5のシンクロモンスターとしてはやや低めだが、このカードの真価は(1)のサルベージ効果にあるので、無理にアタッカーとして使用する必要はない。
 ただ、《奈落の落とし穴》《オネスト》などには強いため、それらのカードの存在が感じられるようならばアタッカーとして運用するのも手か。

  • Vジャンプの封入していた袋では「墓地から仲間を呼び戻す新たな超重武者」と形容されている。
  • OCG登場前の広告では「権現坂昇が有するモンスターカード」と紹介されていたが、未だに作中で登場したことはない。
  • 「剣聖」であることから、モチーフは桃山〜江戸初期の剣豪「宮本武蔵」か。
    超重武者が武蔵坊弁慶にちなんだものが多いことを考えると、「武蔵」繋がりでのモチーフ選定である可能性もある。

関連カード

−モチーフ

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:自分墓地魔法・罠カードが存在しない状態でこの効果適用された後でそのターン自分墓地魔法・罠カードが存在する状態になった場合、召喚特殊召喚できなくなる効果適用されますか?
A:いいえ、その場合でも適用される事はありません。(15/10/21)


Tag: 《超重剣聖ムサ−C》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星5 地属性 機械族 攻300 守2300 超重武者

広告