超重武者(ちょうじゅうむしゃ)ホラガ−(イー)/Superheavy Samurai Trumpeter》

チューナー・効果モンスター
星2/地属性/機械族/攻 300/守 600
(1):自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚に成功したターン、
自分は「超重武者」モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分の墓地に魔法・罠カードが存在せず、
このカードをリリースして「超重武者」モンスターの
アドバンス召喚に成功した場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場した地属性機械族下級モンスターチューナー
 自身を特殊召喚する召喚ルール効果、自身をリリースして超重武者アドバンス召喚に成功した場合に自己再生する誘発効果を持つ。

 (1)、(2)の効果はどちらも「墓地魔法・罠カードが存在しない」という発動条件なので、【フルモンスター】に近い構築のデッキで使うことになる。

 (1)の効果は、手札から自身を特殊召喚できる効果
 フィールドの状況に左右されないが、この方法で特殊召喚したターン超重武者以外の特殊召喚が封じられてしまうので、基本的にはレベル超重武者通常召喚して《超重神鬼シュテンドウ−G》シンクロ召喚へ繋げる事になる。

 (2)の効果超重武者アドバンス召喚リリースとなった場合に自己再生する効果
 手札に存在できるレベル5以上の超重武者は今のところ5種類存在するが、そのうち3種類はこのカードの(1)と同じ特殊召喚効果を持っているため、事実上《超重武者ビッグベン−K》《超重輝将ヒス−E》の二択となる。
 《超重輝将ヒス−E》はこのカード1枚でアドバンス召喚できるため、スムーズに効果へ繋げられる。
 一方で、《超重武者ビッグベン−K》の場合、【フルモンスター】にする必要がある事から魔法・罠カードは使えず、(1)の効果と併用する場合には特殊召喚も制限されるので、もう1体のリリース要員を確保するのが難しい。
 そのため、《EMディスカバー・ヒッポ》相手ターン《バトルフェーダー》等を特殊召喚するといった方法でリリース要員を確保したい。

 特殊召喚しやすさもあって、超重武者チューナーの中では最も使い勝手が良い。
 《超重武者テンB−N》蘇生した場合であれば、シンクロ召喚先もある程度融通が利くので、他のレベルシンクロモンスターも用意しておきたい。

  • 他の超重武者を考慮すると、このカード名武蔵坊弁慶のエピソードに因んでいると思われる。
    弁慶にまつわる法螺貝のエピソードは複数あり、1つは奥州に落ち延びる際に安宅の関所を通してもらい、その礼としてほら貝を送ったというもの。
    もう1つは、主君の妻が産気づいて水を欲しがったため、法螺貝を大地につきさして神仏に祈り、霊水を得たというエピソードである。
  • 英語名の「トランペッター」は「トランペット奏者」「ラッパを吹く者」の意味。
    法螺貝をラッパに見立てたのだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《超重武者ホラガ−E》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星2 地属性 機械族 攻300 守600 超重武者

広告