()()ぎゴブリン/Robbin' Goblin》

永続罠
自分フィールド上に存在するモンスターが相手ライフに
戦闘ダメージを与えた時、相手の手札をランダムに1枚捨てる。

 Vol.7で登場した永続罠
 戦闘ダメージを与えた時に手札破壊する効果を持つ。

 ハンド・アドバンテージを重要視するこのゲームにおいて、手札破壊は有効な戦術である。
 発動回数の制限等もないので、貫通直接攻撃連続攻撃等の効果を持ったモンスターを併用すれば、大量の手札破壊を行う事も可能。

 難点は、このカード永続罠であるという点である。
 「戦闘ダメージを与えた」という発動条件を満たすためには、基本的に次の自分ターンまで待たなければならない。
 (反射ダメージコンバットトリック相手ターン発動させることも可能ではある。)
 最もハンデスが効果を発揮するデュエル序盤に使えないのは痛い。
 もう一つ、ハンデスカード共通の難点であるが、暗黒界シャドールを筆頭とした墓地発動するモンスター魔法・罠カードが増加している点にも注意したい。

 サーチ手段も乏しいこのカードに依存した戦術を採るのは難しいため、あくまでハンデスの中の一手段に留めて使いたい。

  • アニメ5D's第44話では、黒い霧に襲われたサテライトのデュエリストが使用しているのが確認できる。

関連カード

戦闘ダメージを与えた時に手札破壊を行うカード《白い泥棒》を参照。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップカードの発動カード表側表示にする発動)はできますか?
A:できません。

Q:バーンカード等でダメージを与えた場合、効果適用しますか?
A:バトルフェイズ戦闘ダメージを介してしかこの効果適用しません。

Q:《ディメンション・ウォール》相手戦闘ダメージを与えた場合効果適用しますか?
A:いいえ、しません。

Q:相手戦闘ダメージを与えた時、相手プレイヤー手札《冥府の使者ゴーズ》が存在する場合、スペルスピードで下回る《冥府の使者ゴーズ》相手発動できますか?
A:このカード強制効果発動チェーンする形で相手《冥府の使者ゴーズ》その他条件に合致するスペルスピード1の効果発動できます。(11/01/21)


Tag: 《追い剥ぎゴブリン》 永続罠 ゴブリン

広告