()()ぎゴブリン/Robbin' Goblin》

永続罠
自分フィールド上に存在するモンスターが相手ライフに
戦闘ダメージを与えた時、相手の手札をランダムに1枚捨てる。

 Vol.7で登場した永続罠
 カードの発動自体はフリーチェーンで、戦闘ダメージを与えた時に手札破壊する効果を持つ。

 ビートダウンハンデスを並行して行い、ハンド・アドバンテージライフ・アドバンテージの両面で優位に立てる。
 墓地リソースを活かすデッキは非常に幅広いので、返って戦術的デメリットに繋がる恐れも否めないが、魔法・罠カードペンデュラムモンスター等のハンデスには今なお小さくない価値がある。
 貫通直接攻撃連続攻撃等の効果を持ったモンスターを併用すれば、瞬時に相手手札を空にできるだろう。

 ただし、「戦闘ダメージを与えた」という発動条件永続罠との相性が悪く、引いてきてから効果を発揮するまでに時間が掛かる。
 最もハンデスが効果を発揮するデュエル序盤に使えないのも痛い。
 暗黒界シャドール等のように捨てさせる事で相手を手助けしてしまうカードも多く、さらに1番ハンデスしたい手札誘発効果に対して殆ど対抗できない点も痛い。
 《次元の裂け目》《マクロコスモス》等の全体除外カードと併用すればある程度封じられるものの、《ハーピィの羽根帚》等の全体除去を受けた際のリスクが高まる。

 サーチ手段も乏しいこのカードに依存した戦術を採るのは難しいため、あくまでハンデスの中の一手段に留めて使いたい。

関連カード

戦闘ダメージを与えた時に手札破壊を行うカード《白い泥棒》を参照。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップカードの発動カード表側表示にする発動)はできますか?
A:できません。

Q:バーンカード等でダメージを与えた場合、効果適用しますか?
A:バトルフェイズ戦闘ダメージを介してしかこの効果適用しません。

Q:《ディメンション・ウォール》相手戦闘ダメージを与えた場合効果適用しますか?
A:いいえ、しません。

Q:相手戦闘ダメージを与えた時、相手プレイヤー手札《冥府の使者ゴーズ》が存在する場合、スペルスピードで下回る《冥府の使者ゴーズ》相手発動できますか?
A:このカード強制効果発動チェーンする形で相手《冥府の使者ゴーズ》その他条件に合致するスペルスピード1の効果発動できます。(11/01/21)


Tag: 《追い剥ぎゴブリン》 永続罠 ゴブリン

広告