帝王(ていおう)凍志(とうし)/The Monarchs Awaken》

通常罠
(1):自分のエクストラデッキにカードが存在しない場合、
自分フィールドのアドバンス召喚した表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターは効果が無効になり、このカード以外の効果を受けない。

 LEGACY OF THE VALIANTで登場した通常罠
 自分アドバンス召喚したモンスター効果無効化する代わりに、カードの効果への完全耐性を与える。

 「エクストラデッキが0枚である」という発動条件があるため、《真帝王領域》軸【帝王】のような専用構築が必要となる。
 同じ発動条件を持つ《帝王の溶撃》《真帝王領域》と併用して、少しでもデメリットを軽減したい。

 選択したモンスターは永続的にあらゆるカードの効果を受けず、フィールドを離れない限り耐性は解除されないため、発動できれば非常に強力である。
 あらゆるカードの効果を受けないため、大抵のデッキでは《毒蛇神ヴェノミナーガ》同様、戦闘で殴り勝つしか対処する方法がなくなる。
 《超伝導恐獣》などの攻撃力3000を超えるモンスターに使用すれば、デッキによっては手詰まりに追い込める。
 フリーチェーンなのでモンスター除去チェーンして無駄打ちさせることもでき、消費が激しく敬遠されがちなアドバンス召喚という行為を経由してでも使う価値は十分にある。

 しかし、対象としたモンスター効果も同時に失ってしまうため、効果が消えても痛くなく、「召喚しやすい高ステータスモンスターが望まれる。
 そのためリリースを1体に軽減できる効果を持つ最上級モンスターと相性がよく、《光神機−轟龍》などの一部妥協召喚モンスターも扱いやすくなる。
 特に、天使族限定だがリリース1体による召喚で最大の攻撃力3000をもち、さらに除去効果に付随する攻撃力低下を効果無効化でリセットできる《堕天使ディザイア》とは抜群のシナジーを誇る。
 《獣神機王バルバロスUr》を筆頭とするデメリット持ちや、《召喚師のスキル》サーチできステータスも高い最上級通常モンスターもいいだろう。
 特に《青眼の白龍》最上級通常モンスターでは最高の攻撃力を誇り、《フォトン・サンクチュアリ》《ミンゲイドラゴン》の両方に対応するためアドバンス召喚も容易である。
 ただし、このカードを引けなかった場合を考えると《絶対服従魔人》のような「効果無効にしなければ著しく使いづらいモンスター」を起用するのは避けたい。
 のような使い切りの効果を持つモンスターもいいが、最上級以外はステータスの低さからあまり適さない。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:効果解決時対象に選択したモンスター裏側表示になった場合、モンスター効果無効にする効果とこのカード以外のカードの効果を受けない効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(13/11/20)

Q:効果モンスター以外のモンスター効果対象にできますか?
A:はい、できます。(13/11/22)

Q:効果解決時対象に選択したモンスター《禁じられた聖杯》などの他のカードの効果によってモンスター効果無効にする処理が行われた場合でも、このカード以外のカードの効果を受けない効果適用されますか?
A:はい、その場合でも適用さます。(13/11/22)

Q:先に《禁じられた聖杯》効果適用された後にこのカード効果適用した場合、先に効果無効になっているためこのカードでは効果無効になりませんか。
A:いいえ、《禁じられた聖杯》効果適用が終わっても、このカードの「効果無効になり、このカード以外のカードの効果を受けない効果」は適用されたままになります。(13/12/28)

Q:《フォース・リリース》効果適用された後にこのカード効果適用して、エンドフェイズ《フォース・リリース》によって裏側表示になり、その後反転召喚等で表側表示にした場合、このカード効果適用されたままですか。
A:いいえ、このカード効果適用されなくなります。(13/12/28)

Q:先に《イージーチューニング》効果適用された後にこのカード発動した場合、攻撃力はアップしたままですか。
A:はい、攻撃力は元に戻らずアップしたままです。(13/12/18)


Tag: 《帝王の凍志》 通常罠 帝王

広告