天威龍(てんいりゅう)−ヴィシュダ/Tenyi Spirit - Vishuda》

効果モンスター
星7/闇属性/幻竜族/攻1500/守2500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合、
手札・墓地のこのカードを除外し、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。

 RISING RAMPAGEで登場した闇属性幻竜族最上級モンスター
 メインデッキ天威モンスター共通の特殊召喚を行える起動効果相手フィールドのカード1枚を持ち主手札バウンスする起動効果を持つ。

 (1)の効果、及び《天威の拳僧》とのシナジーに関しては《天威龍−アーダラ》も参照。
 ただしこのカードの場合は下級モンスターではない事から通常召喚は難しいため、他の天威よりも優先して特殊召喚したい。

 (2)は相手フィールドのカード1枚をバウンスさせる効果
 《天威龍−アーダラ》と同様、条件となるモンスターが存在しさえすれば特定の行動を必要としないため発動は狙いやすい。
 スペルスピード1という性質上、手札から不意を打つ必要性も薄いため、(1)の効果特殊召喚後に各種素材にしたり、《虚ろなる龍輪》で直接デッキから墓地へ送るなどして素早く発動できるようにしたい。
 《トーチ・ゴーレム》とは相性が良く、トークンにより発動条件を満たし《トーチ・ゴーレム》バウンスして再利用できる。

 見方を変えれば「自分フィールドモンスターが存在しない場合に特殊召喚可能なレベルモンスター」となる。
 先攻後攻問わず1ターン目にほぼ確実に特殊召喚できるレベル7は貴重なので【ランク7】への採用も検討できる。
 特に《幻獣機ドラゴサック》《No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク》ならトークンを生成して(2)の効果発動可能になるため好相性といえる。
 もう1体のエクシーズ素材を、召喚時にトークンを生成でき効果レベル7になれる《幻獣機テザーウルフ》にすれば、上記以外のランク7を出しても活用できる。
 また、【闇属性】系列ならば《幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ》から《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》を用意することで(2)の発動条件を満たすこともできる。

  • 名前の由来はヒンドゥー・ヨーガの第5チャクラ「ヴィシュッダ」と思われる。
    「浄める」という意味の言葉で、喉の真ん中あたりに存在するとされており、意思や自己表現を司るとされている。
  • Vジャンプ(2019年5月号)によると、「天威流」の当代継承者はこのモンスターの持つ闇の気に囚われて《天威の鬼神》に変貌してしまったとのこと。

関連カード

―《天威龍−ヴィシュダ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《天威龍−ヴィシュダ》 効果モンスター モンスター 星7 闇属性 幻竜族 攻1500 守2500 天威

広告