転生炎獣(サラマングレイト)ヒートライオ》

リンク・効果モンスター
リンク3/炎属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左下/右下】
炎属性の効果モンスター2体以上
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、
相手の魔法&罠ゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。
(2):このカードが「転生炎獣ヒートライオ」を素材としてリンク召喚されている場合、
1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体と、
自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
対象のフィールドのモンスターの攻撃力は、ターン終了時まで対象の墓地のモンスターの攻撃力と同じになる。

 SOUL FUSIONで登場した炎属性サイバース族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合に相手魔法&罠ゾーンカード1枚をデッキ戻す誘発効果同名カードを素材にリンク召喚されている場合にモンスター1体の攻撃力自分墓地モンスター1体の攻撃力と同じにする起動効果を持つ。

 リンク素材炎属性効果モンスターが指定されているものの、リンク2を経由できる。
 《トロイメア・フェニックス》は緩い条件で出せるリンク2なので、そちらを経由すれば炎属性以外が多くともリンク召喚を狙える。
 このカードを出した後、リンク2を蘇生させれば(2)の効果を得られる条件も満たせる。

 (1)はリンク召喚成功時に相手魔法・罠カードデッキバウンスできる効果
 ただ、伏せカードの多くは特殊召喚妨害や効果無効にするカードであることが多く、チェーンされる可能性は高い。
 相手フィールドでキーとなっている永続カードを狙う、あるいはこの後で本命を通すために「通ればラッキー」の露払いとして使うのがいいだろう。

 (2)の効果は、同名カードを素材にリンク召喚されている場合に発動できる攻撃力変動効果
 用途は大きく分けて「墓地の低打点を利用し相手モンスター弱体化」「墓地の高打点を利用し自分モンスター強化」の2つとなる。
 正規の方法でこの効果を得ようとすると《転生炎獣ヒートライオ》と「炎属性効果モンスター2体」もしくは「リンク炎属性効果モンスター1体」でリンク召喚することとなり、ボード・アドバンテージの消費が激しくなってしまう。
 基本的には、《転生炎獣の聖域》との併用が前提の効果と考えてよいだろう。
 《フォーマッド・スキッパー》でこのカードを見せて、リンク素材及び効果の獲得条件を満たすのもいい。
 墓地モンスターを要するため除外などに妨害されやすい点は注意。

 (2)の効果を狙うには《転生炎獣の聖域》を併用しかつエクストラデッキを2枠消費するか、《フォーマッド・スキッパー》との併用がほぼ必須となる。
 しかしそこまでしても得られるのは強化弱体化のみで、手間に見合うほどとは言いがたい。
 《サラマングレイト・ギフト》《転生炎獣の意志》は(2)の効果を得るのと同じ条件で効果を発揮するので、それらの条件を満たすのが主目的となるか。

  • 後述のアニメで「百獣の王」と称せられている事からも、モチーフはライオンだと思われるが、イラストからはモチーフが少々わかりにくい。
  • 同作でSoulburnerが使用した通常魔法《リターン・オブ・リンクファイア》のイラストに描かれている。
  • 同名カードのみをリンク素材に用いたリンク召喚をSoulburnerは「転生リンク召喚」と呼んでいる。
    初の「転生リンク召喚」の際には「逆巻く炎よ、浄化の力でヒートライオに真の力を呼び覚ませ!転生リンク召喚!甦れ、炎の平原を駆け抜ける百獣の王。《転生炎獣ヒートライオ》!」という口上を述べている。
  • イラストでは翼などから炎を噴き出しているが、アニメでは同名カードを素材とせずにこのモンスターリンク召喚された場合、炎を噴き出していない状態で現れる。
    「転生リンク召喚」されると翼から炎を噴き出すだけでなく、首のあたりから鬣のように炎を噴き出すようになる。
  • 62話からはこれまで全て手描きであったこのモンスターにCGモデルが使用されるようになった。
    CGモデルのこのモンスター同名カードを素材としていない場合でも少量の炎を噴き出している。
    ちなみに「転生リンク召喚」された場合に鬣のように炎を噴き出すようになるのはCGモデルでも同じである。

関連カード

―《転生炎獣ヒートライオ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《転生炎獣ヒートライオ》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク3 炎属性 サイバース族 攻2300 サラマングレイト

広告