電光(でんこう)雪花(せっか)−/Denko Sekka》

効果モンスター
星4/光属性/雷族/攻1700/守1000
このカードは特殊召喚できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在し、
自分フィールドにセットされた魔法・罠カードが存在しない場合、
お互いに魔法・罠カードをセットできず、
フィールドにセットされた魔法・罠カードは発動できない。

 ネクスト・チャレンジャーズで登場した光属性雷族下級モンスター
 特定条件下でお互い魔法・罠カードセット伏せカード発動を封じる永続効果を持つ。

 魔法・罠カードに関する2つのルール干渉効果を持つ。
 セットを封じるだけでなく、既に存在する伏せカード発動も封じるため、魔法・罠カード使用をかなり制限できる。
 自分伏せカードがない状態で召喚すれば《激流葬》等の発動を封じ、その後の展開をフォローできる。
 召喚時に即座に適用されるため伏せカード発動するタイミングがなく、防ぐにはカウンター罠召喚無効にするしかない。

 ただし、自分フィールド魔法・罠カードセットされていない場合にしか適用されず、手札魔法カード墓地発動罠カード等は防げない。
 特殊召喚できないため、《人造人間−サイコ・ショッカー》のような相手の行動に合わせた奇襲も行えない。
 単体では心もとないステータスだが伏せカードによるサポートができないため、展開補助・攻撃伏せ除去を確実に通すための運用が中心となるだろう。
 ロックの維持を狙いたい場合は、表側表示魔法・罠カードと共存できる点を活かし、永続カード手札誘発カードと併用したい。
 《ダーク・シムルグ》と同様、《魔封じの芳香》とのコンボ魔法カード全般を封じる事も可能である。
 ここに《EM五虹の魔術師》ペンデュラム効果も併せればお互い攻撃モンスター効果も封じられるロックが成立する。

 また、自分フィールド伏せカードが1枚だけ存在する場合、そのカード発動させた時点でこのカードの効果適用される。
 そのため、伏せカード最後の1枚の発動に対して、相手カウンター罠等をチェーンできなくなる。
 上述の《魔封じの芳香》等、確実に発動させたい魔法・罠カードがある場合は覚えておきたい。
 ただし、一度このカード効果適用されてしまうとそれ以降の新たなセットはできず、召喚前にあらかじめ狙いたい伏せカードを1枚だけ残して使う必要がある。

 【フルモンスター】で利用できない事もないが、上述の通り単体での場持ちとアドバンテージ獲得に期待できない。
 無理に維持しようとするよりも、魔法・罠カードを採用せずに伏せカードを突破する手段の一つ程度に割り切っておいた方が良いだろう。
 【宝玉獣】では、罠カードを殆ど使わない、特殊召喚を中心に展開するため召喚権を残しやすい、《宝玉の氾濫》を筆頭に通したい魔法カードが多い、といった点から投入の余地が大きい。
 融合素材として使いやすい【ジェムナイト】等でも腐りにくく、相性が良い。

  • 名前の由来は、「動きが非常に素早いこと、非常に短い時間」を現す四字熟語「電光石火」だろう。
    また、「雪花」とは雪を花に例えた言葉である。

関連カード

―《電光−雪花−》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《電光−雪花−》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 雷族 攻1700 守1000 特殊召喚不可

広告