忍法(にんぽう) 変化(へんげ)(じゅつ)/Ninjitsu Art of Transformation》

永続罠
(1):自分フィールドの表側表示の「忍者」モンスター1体をリリースしてこのカードを発動できる。
リリースしたモンスターのレベル+3以下のレベルを持つ
獣族・鳥獣族・昆虫族モンスター1体を、手札・デッキから特殊召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。 

 天空の聖域で登場した永続罠
 忍者リリースして発動し、獣族鳥獣族昆虫族特殊召喚する効果を持つ。

 レベル4の「忍者」をリリースすれば、レベル7以下のモンスター特殊召喚できる。
 《忍者マスター HANZO》ならばディスアドバンテージが発生せず、《機甲忍者フレイム》及び《機甲忍者アース》レベル8までに対応する。

 サクリファイス・エスケープに用いる事も可能だが、忍者ステータス自体は低めなので注意。
 魔法・罠除去も弱点とするので、対策を講じたい。

  • 第5期以前では、《レベル変換実験室》を使用することでしかレベル8に化ける事ができなかった。
    おまけに、この方法は成功確率が3分の1でさらにリリースが必要となってしまう。
    現在は他に手が幾つかある事を鑑みると、このカードカードプール増強の恩恵を大きく受けた1枚と言えるだろう。
  • 忍術の中に、虫や獣を使う「虫獣遁の術」というものが存在する。
    このカード獣族鳥獣族昆虫族に化けるのはこの辺が由来しているのだろうか。
    ただ「〜〜遁の術」などに始まる隠遁の術は、本来は逃走用や身を隠すために使うものであり、総じて攻撃用の術ではない。
    このため、逃避用の術でありながら術者が墓地へ行く事になるが、一方で創作作品での「変化の術」は文字通り術者が変化して戦うものも存在するので、純粋な変身と解釈するなら墓地へ行くのはおかしくはない。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:何らかのカードの効果レベルが変化している状態の忍者モンスター生け贄に捧げる場合、その変化したレベルの数値を参照しますか?
A:はい、フィールド上で変化しているレベルを参照にします。(09/03/22)

Q:このカード発動した後に、特殊召喚したモンスター破壊された時、このカードも一緒に破壊されますか?
A:いいえ、破壊されません。
  意味のないカードとしてフィールド上に残り続けます。


Tag: 《忍法 変化の術》 永続罠 忍法

広告