破壊剣士融合(はかいけんしゆうごう)/Destruction Swordsman Fusion》

速攻魔法
「破壊剣士融合」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札及び自分・相手フィールドから、
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
「バスター・ブレイダー」を融合素材とする
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚墓地へ送って発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

 ブレイカーズ・オブ・シャドウで登場した速攻魔法
 《バスター・ブレイダー》融合素材とする融合モンスター融合召喚する効果墓地の自身を手札に加える効果を持つ。

 速攻魔法かつ相手モンスター融合素材にできるという点では《超融合》と性質が似ている。
 あちらより融合召喚できるモンスターが大きく限定されチェーン封じもないが、手札コストがない上に自分手札からも融合素材を選べるのが特徴。
 基本的には、《破壊剣士の伴竜》サーチした後で、《バスター・ブレイダー》《破壊剣士の伴竜》《竜破壊の剣士−バスター・ブレイダー》融合召喚する事になるか。
 《竜破壊の剣士−バスター・ブレイダー》融合素材となるドラゴン族モンスターには汎用性の高いものが多いので、相手フィールドから融合素材を調達できる場面も決して少なくないだろう。
 また、《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》等で相手ドラゴン族にすれば、表側表示モンスターへの除去カードとして働く。

 《バスター・ブレイダー》融合素材に要求していればいいので、《超魔導剣士−ブラック・パラディン》融合召喚も狙う事ができる。
 だが、《ブラック・マジシャン》《バスター・ブレイダー》とのシナジーに乏しいので採用しづらく、相手フィールドから融合素材にするのも狙いにくい。
 【バスター・ブレイダー】《超魔導剣士−ブラック・パラディン》も狙いたいのであれば、融合素材代用モンスターを採用するといいだろう。
 《超魔導剣士−ブラック・パラディン》融合召喚するなら《バスター・ブレイダー》融合させ、《竜破壊の剣士−バスター・ブレイダー》融合召喚するならドラゴン族融合させれば良い。
 事故の可能性は融合素材代用モンスターにもあるが、《バスター・ブレイダー》の代用として《竜破壊の剣士−バスター・ブレイダー》融合素材にできる分、《ブラック・マジシャン》よりは採用しやすい。

 (2)の効果手札コスト1枚で自身をサルベージする効果
 (1)の効果に対応する融合モンスター融合召喚以外の特殊召喚ができないため、2体目以降の融合召喚に利用できる。
 ただし、融合召喚デッキに多い手札消費の多さが影響し、こちらの効果は狙いにくい。
 どうしても使いたいのなら、手札では《バスター・ブレイダー》扱いとならない《破壊剣の使い手−バスター・ブレイダー》辺りをコストにするといいだろう。

 単体で自身をサルベージできる魔法カードであることを利用して、《召喚僧サモンプリースト》《二重魔法》等の手札コストに充てるという手もある。
 同様の使い方をされていた《スピリット・バーナー》等よりもサルベージの条件が軽いのが利点である。

関連カード

イラスト関連

《バスター・ブレイダー》融合素材に指定する融合モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《破壊剣士融合》 魔法 速攻魔法 破壊剣 融合

広告