破壊神(はかいしん)系譜(けいふ)/Lineage of Destruction》

通常罠
相手フィールド上に守備表示で存在するモンスターを破壊したターン、
自分フィールド上に表側表示で存在するレベル8のモンスター1体を選択して発動する。
このターン、選択したモンスターは一度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した通常罠
 条件下でレベル8のモンスター2回攻撃できるようにする効果を持つ。

 守備表示モンスター戦闘破壊して発動した場合、《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》《破滅の女神ルイン》のような連続攻撃効果となる。
 「守備表示モンスター破壊した」ことのみが条件であるため、戦闘破壊以外でも、《シールドクラッシュ》《ドリルロイド》《抹殺の使徒》などでも発動条件を満たせる。
 《ライトニング・ボルテックス》などの全体除去発動条件をクリアすればレベルモンスターの2連続直接攻撃を決めることも難しくない。

 相性の良いレベルモンスターは少なくないので、デッキによっては切り札に成り得るカードである。
 単体で発動条件を両方とも満たせる《マスター・ヒュペリオン》《闇の支配者−ゾーク》などと相性が良い。
 また、妥協召喚できる上に状況によっては破壊効果発動できる《神獣王バルバロス》発動条件を満たしやすい。
 守備表示モンスター戦闘破壊することで効果発動し、かつ連続攻撃を付けたい《天界王 シナト》にはもってこいのサポートカードであろう。
 シンクロモンスターでは《レッド・デーモンズ・ドラゴン》《ジャンク・デストロイヤー》《スクラップ・ドラゴン》などが単体で発動させやすい。

 レベルモンスターフィールドに出すのは現環境でも一手間要するため、事故の恐れには配慮したい。
 同じレベルモンスターを用い、手札交換が可能な《トレード・イン》と併用するのも良いだろう。

  • 系譜とは血統や師弟関係、その他受け継いだ性質などのつながりのこと。
  • 英語版ではノーマルでの収録となっている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:守備表示モンスター戦闘破壊したレベル8のモンスターを選択してその同バトルフェイズ発動することは可能ですか?
A:はい発動することは可能で、その場合もう1回だけ同バトルフェイズ中に攻撃できます。(08/08/05)

Q:「破壊して除外」でも条件を満たせますか?
A:はい、満たせます。(08/07/20)

Q:《レッド・デーモンズ・ドラゴン》効果守備表示モンスター破壊した時にこのカード発動したら《レッド・デーモンズ・ドラゴン》は一度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事は可能ですか?
A:その場合でも既に1回攻撃を行ってますので、攻撃できるのはもう1回だけになります。(08/08/09)

Q:《破滅の女神ルイン》《サイバー・ツイン・ドラゴン》などの2回攻撃可能なモンスターをこのカードの効果で選択した場合攻撃回数は増やせますか?
A:既に2回攻撃ができるモンスター対象に、《破壊神の系譜》を発動する事はできません。(08/09/25)

Q:《裁きの龍》《終焉の王デミス》効果でこのカード破壊された場合、チェーンできますか?
A:いいえ、できません。(11/01/05)

Q:このカード相手ターン発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(15/03/07)


Tag: 《破壊神の系譜》 通常罠

広告