背徳(はいとく)堕天使(だてんし)/Darklord Rebellion》

通常罠
「背徳の堕天使」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
「堕天使」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

 ブースターSP−デステニー・ソルジャーズ−で登場した通常罠
 堕天使モンスターコストフィールドのカード1枚を破壊する効果を持つ。

 効果フィールドのカード対象を取らずに破壊する効果
 エンドサイクや各種召喚の妨害を行え、サクリファイス・エスケープも難しいためほぼ確実に相手カード1枚を破壊できる。
 しかし、ただ発動するだけでは2:1交換となり、ディスアドバンテージを負ってしまう。
 チェーン発動サクリファイス・エスケープをしたり、手札腐ったモンスターコストにするなど目的を持った使い方をしたい。

 堕天使と名がつくため、《堕天使イシュタム》などで利用可能であり、墓地においておけば1000ライフコスト発動可能な対象を取らないフリーチェーン破壊カードになる。
 墓地公開情報だが、モンスターで突破を狙う相手に対して牽制として機能する。

  • モチーフはルシフェル(ルシファーとも)が神に謀反を起こし、堕天使になったとされる説話だろう。
    ちなみに、ルシフェルがなぜ堕天したのかについては諸説あり、はっきりとしていない。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《背徳の堕天使》 通常罠 堕天使

広告