白の咆哮(ホワイト・ハウリング)

通常罠
(1):自分フィールドに水属性モンスターが存在する場合、
相手の墓地の魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外し、このターン、相手フィールドの魔法カードの効果は無効化される。

 PREMIUM PACK 20で登場する通常罠
 自分フィールド水属性が存在する時に発動でき、相手墓地魔法カード除外しつつそのターン内の相手フィールド魔法カード効果無効する効果を持つ。

 発動条件のある魔法カード《トラップ・スタン》とも言える効果を持つ。
 あちら同様、魔法カード発動へのカウンター、既にフィールドに存在するカードへの妨害、伏せカードが存在する状況で使用し、発動を事前に阻害することも狙える。
 こちらはそれに加えて墓地魔法カード除外が可能であり、《ジェムナイト・フュージョン》など自己サルベージ効果を持つ魔法カードへの妨害も狙える。

 しかし、相手墓地魔法カードを指定するため、相手墓地に1枚以上魔法カードがないと発動できない。
 そのため、基本的には相手デュエルで最初に使用した魔法カード無効にできない。
 《水霊術−「葵」》といったハンデスで最初に相手魔法カード墓地に送っておくのも手ではある。
 また、その他にも《妖精伝姫−シラユキ》《マクロコスモス》を採用しているデッキでは発動できない可能性がある。

  • 原作・アニメにおいて―
    漫画ARC-Vの「ユーゴvs蓮」(2戦目・ユーゴは後に遊矢に交代)で蓮が使用。
    遊矢の《EMペンデュラム・コンダクター》のペンデュラム効果に対して発動し、その効果を封じるつもりであった。
    しかし、遊矢のアクションマジック《エキゾストノート》によって効果無効にされ失敗に終わった。

関連カード

収録パック等


Tag: 《白の咆哮》 通常罠

広告