薄幸(はっこう)美少女(びしょうじょ)/The Unhappy Maiden》

効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻   0/守 100
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
このターンのバトルフェイズを終了する。

 Vol.7で登場した光属性魔法使い族下級モンスター
 自身が戦闘破壊され墓地へ送られた時に、バトルフェイズを終了する誘発効果を持つ。

 低ステータス魔法使い族なのでサポート自体は豊富だが、モンスター効果発動するためには戦闘破壊されなくてはならない。
 同じ低ステータスの類似モンスターでも、発動条件が緩くサポートカードの多い《ハネクリボー》がいる。
 魔法・罠カードで見ても、使いやすい《和睦の使者》《威嚇する咆哮》が存在する。

 サポートは豊富なのだが、その多くのサポートもこのカード発動条件とは合いにくい。
 《見習い魔術師》とは相性がいいものの、《執念深き老魔術師》等のカードより優先すべきかは微妙なところである。

 自爆特攻から自分ターンバトルフェイズを終了させられるものの、これがメリットになることも中々ない。

  • Vジャンプカードコーナー黎明期では《斬首の美女》の娘分として度々登場していた。
  • 「乃亜編」の「杏子vsビッグ2(大瀧)」戦の前に、杏子がデッキを構築する際、カードリスト内にこのカードが表示されていた。
  • アニメ5D'sの「遊星vs鷹栖」戦において遊星のデッキに投入されているのが確認できる。
    《ザ・キックマン》戦闘破壊された事により、《C・スネーク》効果によって墓地に送られた。
    また、48話では精霊世界においてカースド・ニードルの力で捕えられていた。
    108話においてアキと同じ病院に入院中のハルカが落としたカードの中にも確認できる。
  • コナミのゲーム作品において―
    DMシリーズでは効果を持たないモンスターとして登場し、「毎日街でものを売り生活費を稼ぐ可哀想な少女」というオリジナルのテキストが存在する。
    このイラスト、そしてテキストからしてモチーフは「マッチ売りの少女」だろうか。
  • 真DM2では特定の初期デッキからしか入手できないレアカードとして登場し、戦闘によるダメージを0にする能力を持っていた。
    その効果を持つ中でコストが一番低く、優秀な偵察要員として活躍した。
    デッキリーダーにすると上記の通りマッチ売りの少女を彷彿させるセリフを言う。

関連カード

―《薄幸の美少女》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:《ウェザー・レポート》効果で2回バトルフェイズが行える状態で、相手のこのカード効果で1回目のバトルフェイズが終了された場合、2回目のバトルフェイズを行う事ができますか?
A:いいえ、2回目のバトルフェイズも含めてバトルフェイズを終了されますので、できません。(14/11/20)


Tag: 《薄幸の美少女》 効果モンスター モンスター 星1 光属性 魔法使い族 攻0 守100

広告