蛮族(ばんぞく)狂宴(きょうえん)LV(レベル)5/Feast of the Wild LV5》

通常魔法
(1):自分の手札・墓地から戦士族・レベル5モンスターを2体まで選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、効果が無効化され、このターン攻撃できない。

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場した通常魔法
 手札墓地からレベル5の戦士族モンスターを2体まで特殊召喚する効果を持つ。

 特殊召喚できるモンスターが厳しく指定されており、この効果特殊召喚したモンスターには特殊召喚ターン攻撃不可と効果無効デメリットが付く。
 しかし、1度に2体のモンスター特殊召喚できるため、このカード1枚からランク5のエクシーズモンスターへ繋げられる。
 また、リリース要員やシンクロ素材リンク素材にするのも効果的である。
 融合召喚が可能なら《覇勝星イダテン》融合素材にしても良い。

 手札からも特殊召喚できるが、アドバンテージの観点から可能な限り蘇生したいため、自力で特殊召喚可能なモンスターを多く採用したい。
 特に《フォトン・スレイヤー》《オーバーレイ・ブースター》は、《セイクリッド・プレアデス》に繋げられる点も魅力的である。
 融合召喚墓地に行きやすい《地翔星ハヤテ》《天融星カイキ》の組み合わせも有力。
 《簡易融合》《炎の剣士》《魔導騎士ギルティア》《召喚獣ライディーン》のいずれかを特殊召喚するのも有効である。
 デッキから特殊召喚できる《サイレント・ソードマン LV5》手札に来てしまった場合に使い、《レベルアップ!》を使うなどの手も考えられる。
 変わった所では、【U.A.】《U.A.パーフェクトエース》《U.A.マイティスラッガー》特殊召喚し、その後U.A.共通効果で入れ替える事でデメリットを解消させる手もある。

 戦士族上級モンスターを採用する関係上、【不死武士】等のリリース確保がしやすいデッキに採用することになる。
 採用するレベル5のモンスターと同じ属性レベル4の戦士族《トランスターン》を併用することでレベル5をリクルートでき、事故の可能性を下げられる。

関連カード

イラスト関連

特殊召喚可能な戦士族レベルモンスター

チューナー

ペンデュラムモンスター

―以下は墓地からのみ特殊召喚可能

収録パック等

FAQ

Q:《魔聖騎士ランスロット》2体を特殊召喚する事はできますか?
A:特殊召喚する事ができ、効果無効となっているため2体ともフィールドに残り続けます。(14/04/20)

Q:フィールド上に《海》が存在する状態で《伝説のフィッシャーマン》特殊召喚した場合、特殊召喚された《伝説のフィッシャーマン》はそのターン攻撃することが可能ですか?
A:《蛮族の狂宴LV5》の効果《伝説のフィッシャーマン》効果無効になっておりますので、攻撃を行う事はできません。(14/04/23)


Tag: 《蛮族の狂宴LV5》 魔法 通常魔法

広告