不知火(しらぬい)隠者(かげもの)/Shiranui Solitaire》

効果モンスター
星4/炎属性/アンデット族/攻 500/守   0
「不知火の隠者」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのアンデット族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから守備力0のアンデット族チューナー1体を特殊召喚する。
(2):このカードが除外された場合、「不知火の隠者」以外の除外されている
自分の「不知火」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動時にフィールドに「不知火流 転生の陣」が存在する場合、
この効果の対象を2体にできる。

 ザ・ダーク・イリュージョンで登場した炎属性アンデット族下級モンスター
 守備力0のアンデット族チューナー1体をリクルートする起動効果除外された不知火を最大2体まで帰還させる誘発効果を持つ。

 (1)の効果守備力0のアンデット族チューナーリクルートできる。
 基本的には任意のアンデット族墓地に送れる《ユニゾンビ》か、同じカテゴリに属し(2)の効果とも相性の良い《妖刀−不知火》の2択となるだろう。
 自身をリリースして《ユニゾンビ》リクルートする場合、《馬頭鬼》墓地へ送ってこのカード蘇生すれば、レベル8のシンクロ召喚またはランク4のエクシーズ召喚が可能。
 他のアンデット族リリースした場合は、《妖刀−不知火》リクルートすることで即座に《刀神−不知火》を出せる。
 また、次のターン《妖刀−不知火》を含む2枚を除外すれば、更なるアドバンテージを得ることも可能。

 (2)の効果は他の不知火との併用により発動機会を作りやすい。
 《不知火の宮司》でこのカード蘇生し、自身をコストに(1)の効果発動すればチューナーリクルートしつつ能動的に除外できる。
 また、上記で述べた《刀神−不知火》ならば効果の関係上必ず帰還対象がいるため不発となることはまず無い。
 《不知火流 転生の陣》フィールドに存在すれば帰還できる不知火が2体になるが、こちらを積極的に狙うかは構築によるところが大きいだろう。
 《炎渦の胎動》《火遁封印式》ならば、相手ターンでも効果を使えるようになるため、同名カード発動回数制限の回避も可能となり、特に相性は良い。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《不知火の隠者》 モンスター 効果モンスター 星4 炎属性 アンデット族 攻500 守0 不知火

広告