浮幽(ふゆ)さくら/Ghost Reaper & Winter Cherries》

チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻   0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、
このカードを手札から捨てて発動できる。
自分のEXデッキのカード1枚を選んでお互いに確認する。
その後、相手のEXデッキを確認し、
選んだカードの同名カードがある場合、その相手の同名カードを全て除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 シャイニング・ビクトリーズで登場した闇属性アンデット族下級モンスターチューナー
 自分エクストラデッキカードを選び、相手エクストラデッキからその同名カードを全て除外する誘発即時効果を持つ。

 相手の主力となるエクストラデッキモンスターを封じるのがこのカードの役割である。
 シンクロエクシーズリンク召喚の前は素材となるモンスターが並びやすいので、発動条件を満たすのは難しくはないだろう。
 ただし、相手の展開こそ阻害できるが、直接的なカード・アドバンテージを得られる訳ではないため、相手デッキ構成を把握した上で、そのキーカードを封じることを狙いたい。
 特にリンク召喚登場以降は、まず最初に起点となるリンクモンスターを展開し、そこから連続でリンク召喚を行っていくデッキも多く、起点のリンクモンスターを潰せばその先の展開を大きく阻害できる。

 その性質上、このカードを採用するならば主流デッキキーカードを事前に把握しておき、そのカードをあらかじめエクストラデッキに投入しておく必要がある。
 そのため、ミラーマッチでもない限り、自分では特殊召喚できないモンスターエクストラデッキを圧迫するという点がリスクとなる。
 とはいえ、参照するエクストラデッキカードは数枚あれば十分なので、エクストラデッキの枠が余りがちなデッキであれば大きなリスクではない。
 《轟雷帝ザボルグ》型の【帝王】などエクストラデッキをほぼ使わないデッキならば、このカードのためだけにエクストラデッキの大半を消費しても良いだろう。

 たとえ効果を使う機会がなくても、チューナーとしてシンクロ素材に活用することもできる。
 【アンデット族】であれば、狙いが外れても豊富なサポートカード蘇生もできる。

  • 「冬桜(フユザクラ)」とは、11月から1月に開花するサクラの栽培種の一種である。
    また、秋から春に2度咲く四季桜や十月桜、子福桜の品種も含めて「冬桜」と呼ぶ事もある。

関連カード

―同レベル攻撃力守備力手札誘発効果を持つチューナーについては《幽鬼うさぎ》を参照。

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:相手エクストラデッキに、表側表示《EMシルバー・クロウ》3体と裏側表示カードがあります。
  この状態で効果発動し、自分エクストラデッキ表側表示《EMシルバー・クロウ》を選んだ場合、エクストラデッキ確認しなくても全て除外できますが、エクストラデッキ確認しますか?
A:その場合でも、相手エクストラデッキを全て確認します。(16/01/09)

Q:相手エクストラデッキに存在するカードが全て表側表示ペンデュラムモンスターの場合でも発動できますか?
A:はい、発動でき、その場合でも相手エクストラデッキを全て確認し、同名カードがあれば除外する処理を行います。(16/01/08)

Q:この効果チェーンをして《王宮の鉄壁》発動され除外する事ができなくなった場合でも、確認する処理は行われますか?
A:はい、その場合でも相手エクストラデッキを全て確認します。(16/01/08)

Q:このカード効果処理時相手エクストラデッキカードが存在しない場合、『自分エクストラデッキカード1枚を選んでお互い確認する』処理を行いますか?
A:はい、その場合でも『自分エクストラデッキカード1枚を選んでお互い確認する』効果を処理します。(16/01/09)


Tag: 《浮幽さくら》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星3 闇属性 アンデット族 攻0 守1800

広告