武神帝(ぶじんてい)−ツクヨミ/Bujintei Tsukuyomi》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/獣戦士族/攻1800/守2300
光属性レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
手札を全て墓地へ送り、デッキからカードを2枚ドローする。
また、このカードが相手のカードの効果によってフィールド上から離れた時、
その時にこのカードが持っていたエクシーズ素材の数まで、
自分の墓地からレベル4の「武神」と名のついた
獣戦士族モンスターを選択して特殊召喚できる。
「武神帝−ツクヨミ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

 LEGACY OF THE VALIANTで登場した光属性獣戦士族エクシーズモンスター
 1ターンに1度手札交換を行う起動効果レベル獣戦士族武神蘇生する誘発効果同名カードの存在を制限するルール効果を持つ。

 主な召喚手順は《輝光子パラディオス》を参照。
 1つ目の効果手札を全て墓地へ送るが、手札2枚では手札交換手札1枚の状況で使えば増強となる。
 墓地効果を発揮する武神蘇生などを併用する場合の補助にもなる。

 2つ目の効果は複数体の蘇生が可能となりうる効果であり、エクシーズ召喚時に《奈落の落とし穴》等を受けた場合も、即座に2体目や別のエクシーズモンスターを出すことができ、ディスアドバンテージを軽減できるのは有難い。
 そのため、「伏せカードは気になるが、手札交換はしたい」時には特に有効であるといえる。
 もっとも、エクシーズ召喚する前に素材となるモンスターが並んだ時に除去される可能性はある。
 戦闘破壊では発動しない上に低めのステータスだが、《武神器−ハバキリ》のお陰で効果除去は誘いやすく、発動機会は少なくない。
 タイミングを逃す事もあり自発的な蘇生も難しいが、総じて見た安定性は高く、後続確保には有難い効果である。
 フィールド上で離れたときに発動するため、エクシーズ召喚自体を無効にされると発動しない点には注意。
 エクシーズ召喚に成功するまではフィールド上に存在していない扱いだからである。

 エクシーズ素材の指定は光属性であり、状況こそ選ぶものの手札交換効果を持つため、1つ目の効果のみなら幅広いデッキで使える。
 デッキを掘り進めつつ墓地肥やしを行えるのは多彩な効果を持つランク4でも数少なく、伏せたカードでこのカードを守ることができれば、次のターンに更なるドローが狙える。
 デッキの中心が光属性レベル4であり、蘇生カードを多く採用しやすい【テラナイト】では採用候補となり得る。
 【ABC】とも相性がよく、初手から《ABC−ドラゴン・バスター》を出す上で必要なパーツの1つとなっている。(詳細は【ABC】を参照のこと。)
 モンスターセットできるため扱いやすい【AFセイクリッド】や聖騎士聖剣を揃えたい【聖騎士】など、活用できるデッキは多い。
 他にもシャドールを落としながらもドローできる【カオス】など相性のいいデッキも多いが、このカード自体はステータスが中途半端で、素材指定が合わないデッキもある。
 アドバンテージも狙える手札交換にどれほど魅力を感じるかで、採用を決めていきたい。

関連カード

―《武神帝−ツクヨミ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:手札が0枚の時に、1つ目の効果発動できますか?
A:できません。(13/11/16)

Q:効果解決時手札が0枚の場合どうなりますか?
A:ドローすることもなく何もしません。(13/11/16)

Q:《マクロコスモス》フィールド上に存在し、ドローする効果処理時に手札カード墓地へ送られる代わりに除外された場合、ドローする効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(13/11/24)

Q:《次元の裂け目》フィールド上に存在し、ドローする効果処理時に手札モンスター除外されて、魔法・罠カード墓地へ送られた場合、ドローする効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(13/11/24)

Q:ダメージステップ中に特殊召喚する効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/11/16)

Q:墓地へ送るのとドローするのは同時に処理を行いますか?
A:はい、同時に行われる扱いになります。(13/11/21)


Tag: 《武神帝−ツクヨミ》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ ランク4 光属性 獣戦士族 攻1800 守2300 武神

広告