封魔(ふうま)()/Anti-Magic Arrows》

速攻魔法
このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
(1):自分または相手のバトルフェイズ開始時に発動できる。
このカードの発動後、ターン終了時までお互いに魔法・罠カードの効果を発動できない。

 デュエリストパック−決闘都市編−で登場した速攻魔法
 このカードに対するチェーン発動を封じた上で、お互い魔法・罠カード発動できなくする効果を持つ。

 バトルフェイズ開始時からターン終了時まで魔法・罠カード発動を防ぎ、《聖なるバリア −ミラーフォース−》等の攻撃反応罠を無力化できる。
 しかし、メインフェイズ1で展開して攻撃前に除去してしまえば攻撃反応罠を恐れる必要はなく、このため現環境では攻撃反応罠自体の採用率が低くなっていることもあってあまり有効とはいえない。

 このカードターン終了時まで効果が持続するので、攻撃の補助よりもメインフェイズ2で安全に展開するために使うのが有効。
 この場合、メインフェイズ2でのみ使える1ターン限りの《大寒波》となり、このカードチェーン発動されることも無いので安全性はかなり高い。
 ただし、展開しても攻撃できず、発動条件の関係でバトルフェイズを行えない誓約効果を持つカードと組み合わせることもできない点が痛い。
 よって、このカードを使うならば戦闘破壊から展開するカードを使うか、相手ターンでも制圧力の高いモンスターを展開した方が良いだろう。
 安全に展開を行うためのカードには《トラップ・スタン》カウンター罠もあるが、伏せずにすぐ使えるのは展開を行う上で利点である。
 扱いにくい点があるのは否めないが、相手が妨害を伏せカードに頼るデッキであれば概ね有効であり、環境を読んだ上で使用したい。

 なお、相手バトルフェイズ開始時にも発動できるが、《大寒波》と違いセットは許してしまうのであまり使い所はない。
 《追い剥ぎゴブリン》等、バトルフェイズ中に発動することが明白である一部の永続カードの対策に使える程度である。

  • コナミのゲーム作品において―
    スマホアプリ「デュエルリンクス」では原作での活躍を踏まえてかパンドラが使用すると専用のセリフを述べる。
    またパンドラとの対戦で得られるミッション報酬及び勝利報酬(ランダムドロップ)のリストにも掲載されている。
    但しCPUのパンドラの場合、思考ロジックが低い為か使い方が煩雑だったり、発動する機会無くになっているケースが殆どである。

関連カード

収録パック等


Tag: 《封魔の矢》 魔法 速攻魔法

広告