捕食植物(プレデター・プランツ)キメラフレシア/Predaplant Chimerafflesia》

融合・効果モンスター
星7/闇属性/植物族/攻2500/守2000
「捕食植物」モンスター+闇属性モンスター
(1):1ターンに1度、このカードのレベル以下のレベルを持つ
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
(2):このカードが相手の表側表示モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
ターン終了時まで、その相手モンスターの攻撃力は1000ダウンし、
このカードの攻撃力は1000アップする。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズに発動できる。
デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

 ブースターSP−フュージョン・エンフォーサーズ−で登場した闇属性植物族融合モンスター
 自身のレベル以下のモンスター除外する起動効果、自身が戦闘を行う攻撃宣言時に自己強化単体弱体化を行える誘発効果墓地へ送られた次のスタンバイフェイズ融合またはフュージョンサーチできる誘発効果を持つ。

 融合素材捕食植物闇属性が指定されている。
 《捕食植物サンデウ・キンジー》は、自身の効果により《融合》無しで融合召喚でき、捕食カウンターの乗った相手モンスター闇属性扱いにして融合素材とする事ができるため、その効果を利用して出すと良いか。
 この時には《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》との使い分けも狙える。
 捕食植物は全て闇属性であるため、《融合》を投入するだけでも、捕食植物デッキならば正規融合は容易いだろう。

 捕食カウンターは間接的なシナジーがあり、(1)の除外効果の補助や、《捕食植物スキッド・ドロセーラ》で(2)の効果連続攻撃で複数回使える。

 (1)の効果は自身のレベル以下のモンスター除外する効果
 単体でもレベル7以下を除外でき、範囲は広い。
 捕食植物効果捕食カウンターを乗せればレベル1になるため、レベル8以上でも除去可能になる。
 ただいずれにせよエクシーズモンスターリンクモンスターには効かないため、出すタイミングには留意したい。

 (2)の効果自己強化相手モンスター弱体化
 相手からの攻撃でも発動し、攻撃力4500以下のモンスター戦闘破壊に持ち込める。
 発動回数に制限はないため、複数回攻撃可能な状況なら2回以上発動可能。
 ただ発動するタイミングが攻撃宣言時と早いため《オネスト》等に迎撃される危険性がある。

 (3)の効果融合またはフュージョンサーチする効果
 墓地へ送られたターンの次のスタンバイフェイズとやや遅く、サーチしたカードを使えるのは次の自分ターンとなる場合が多い。
 《再融合》サーチしての蘇生や、カテゴリ専用の融合召喚カードサーチも狙える。
 《超融合》サーチして相手闇属性展開を牽制するのもいいだろう。
 どこから墓地へ送られて発動するため、《轟雷帝ザボルグ》《ゲール・ドグラ》エクストラデッキから直接墓地へ送ることで間接的に融合フュージョンサーチとすることもできる。
 特に《轟雷帝ザボルグ》融合素材と共に落とすことで、《ミラクル・フュージョン》から《C・HERO カオス》《ミラクルシンクロフュージョン》から《ナチュル・エクストリオ》等を出す事も可能。

  • 名前の由来はキメララフレシアだろう。
    なお、ラフレシアは食虫植物ではないが、食虫植物であるハエトリグサの葉のような構造がみられる。
    発見当初はその見た目から「人食い花」として恐れられていた。
    他の植物の特徴を持つ点がキメラの所以だろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《捕食植物キメラフレシア》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星7 闇属性 植物族 攻2500 守2000 捕食植物

広告