捕食植物(プレデター・プランツ)スパイダー・オーキッド》

ペンデュラム・効果モンスター
星1/闇属性/植物族/攻   0/守   0
【Pスケール:青8/赤8】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを発動したターンの自分メインフェイズに、
このカード以外の魔法&罠ゾーンの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
【モンスター効果】
このカード名のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功したターンのエンドフェイズに、
手札から植物族モンスター1体を捨てて発動できる。
デッキからレベル4以下の植物族モンスター1体を手札に加える。

 Vジャンプ(2018年5月号開始) 一年間定期購読特典で登場する闇属性植物族下級ペンデュラムモンスター
 魔法&罠ゾーンカード破壊するペンデュラム効果召喚・特殊召喚に成功したエンドフェイズレベル4以下の植物族サーチする効果を持つ。

 ペンデュラム効果魔法・罠除去
 発動したターン表側表示と条件があるが展開や攻撃前の露払いにはあって困らない効果である。
 自身のペンデュラムスケール植物族の中では一番高いので植物族で固めた【ペンデュラム召喚】では活躍が見込めるかもしれない。
 ただし、植物族のみではこのカードペンデュラム召喚できないので他のカードの力を借りる必要がある。

 モンスター効果下級植物族サーチ
 【植物族】のキーである《ローンファイア・ブロッサム》サーチできるのは大きい。
 手札コストには《ダンディライオン》《グローアップ・バルブ》等の墓地発動するカードをあてたい。
 しかし、発動エンドフェイズまでこのカードが存在する必要があり、召喚した後だと攻撃力0を棒立ちにさせてしまう。
 特殊召喚からでも発動できるので相手ターンでの発動を狙いたいが、ペンデュラムモンスターのため一度エクストラデッキに加わると特殊召喚の方法が限られるのが難点。
 基本的に一度きりの効果と見て、使用後は何かしらのコストにするのが望ましい。

 捕食植物に属しているが、【捕食植物】ペンデュラム召喚に長けたデッキではない。
 しかし、《捕食植物オフリス・スコーピオ》《捕食植物スピノ・ディオネア》リクルートすればエンドフェイズ効果を使えるため、シナジーがないわけではない。
 ペンデュラム召喚をメインとしたデッキに投入するのも良いか。

  • 「スパイダーオーキッド」は、蘭の一種であるブラッシア属の別名。
    花の形が蜘蛛に似ていることからこう呼ばれている。
    しかし、イラストを見る限りこのモンスターの容姿はリップを反転させたドラクラ属(Dracula)に近い。

関連カード

収録パック等


Tag: 《捕食植物スパイダー・オーキッド》 モンスター 効果モンスター ペンデュラムモンスター 星1 闇属性 植物族 攻0 守0 スケール8 捕食植物

広告