墓地封印(ぼちふういん)/Forbidden Graveyard》

速攻魔法
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
このターン、墓地で発動するカードの効果は無効化される。

 THE SHINING DARKNESSで登場した速攻魔法
 墓地発動する効果無効にする効果を持つ。

 《神の通告》と違いカードの種類を問わず無効にできるものの、対応している魔法・罠カードは未だ多くはなく、連続発動するほど魔法・罠カード墓地肥やしを重視するデッキはなお少ない。
 そのため1回限りのモンスター効果対策ならば、大抵《神の通告》で間に合ってしまう場合も多い。

 ターン中継続するという利点はあるが、《王家の眠る谷−ネクロバレー》《次元の裂け目》《マクロコスモス》《ソウルドレイン》などのほうが期間は長い。
 特に《ソウルドレイン》とは対応範囲のほとんどが重複しており、あちらのほうがメタカードとしては強力である。
 効果に直接チェーンして無効化できるものの、手札コストを要求するのでカード・アドバンテージは変わらない。
 自分墓地利用中心であるためにあちらを採用できない場合でも、《スカル・マイスター》という選択肢もある。
 またダメージステップに対応しており、手札効果にも対応する《透破抜き》も存在する。

 言わば《ソウルドレイン》《スカル・マイスター》の中間とも言えるカードだが、手札コストを要求するために採用率は高くない。
 墓地発動する効果の多くがカードを消費せずに発生するものであるため、こちらの負担のほうが大きくなりやすいのが主な理由。
 《透破抜き》のように除外する事もないので、この負担によって反撃のタイミングを逃してしまい、結果的に次の相手ターンに再び攻め込まれるという事態も起こりうる。

 手札コストを要求するカードは、墓地効果発動するカードコストとして損失を軽減するのが一般的だが、自分効果無効化してしまうためにこれが通用しにくい。
 墓地に依存せず手札を増やせる【雷族】【ガジェット】ならばある程度有効ではあるが、上記のメタカードでも十分の上、これらは類似した墓地メタ《深淵に潜む者》エクシーズ召喚が容易である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》によって、このカードの効果無効化されますか?
A:いいえ、墓地効果が及ぶ効果ではない扱いなので無効になりません。(12/10/10)


Tag: 《墓地封印》 魔法 速攻魔法

広告