(さまた)げられた壊獣(かいじゅう)(ねむ)り/Interrupted Kaiju Slumber》

通常魔法(制限カード)
「妨げられた壊獣の眠り」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):フィールドのモンスターを全て破壊する。
その後、デッキからカード名が異なる「壊獣」モンスターを
自分・相手のフィールドに1体ずつ攻撃表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは表示形式を変更できず、
攻撃可能な場合は攻撃しなければならない。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「壊獣」モンスター1体を手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 EXTRA PACK 2016で登場した通常魔法
 全体除去お互いフィールド壊獣リクルートする効果、自身をコスト壊獣サーチする効果を持つ。

 (1)の効果は、《ブラック・ホール》と同様の全体除去お互いフィールド壊獣リクルートする効果
 カード名が異なる壊獣でなければならず強制攻撃表示形式が変更できないデメリットもあるが、【壊獣】における理想的な状況を1枚で整えることができる。
 《KYOUTOUウォーターフロント》があれば全体除去した数だけ壊獣カウンターが置かれるので、リクルートした壊獣効果をすぐに使用できる。
 相手フィールド特殊召喚する壊獣は、攻撃力が3300未満で固有の効果起動効果である《多次元壊獣ラディアン》《怒炎壊獣ドゴラン》が適しているだろう。
 より攻撃力の低い壊獣もいるが、誘発効果誘発即時効果を持っているので壊獣カウンター相手に利用されてしまうリスクがある。
 壊獣とこのカードのみを出張させる場合《海亀壊獣ガメシエル》を安全に送りつけることができる。

 (2)の効果は、墓地に存在する自身を除外して壊獣サーチする効果
 墓地へ送られたターンには発動できない制約はあるものの、ノーコスト壊獣サーチできる。

 全体除去モンスターの展開が1枚ででき、墓地ではサーチ効果発動できるため、【壊獣】必須カードとなる。
 壊獣と相性の良いデッキにこのカードと数種類の壊獣出張することも考えられる。
 レベル7の壊獣《No.11 ビッグ・アイ》エクシーズ召喚すれば相手フィールド壊獣コントロール奪取できる。
 ただし、壊獣の共通効果によって2体目の壊獣自分フィールドに出すことはできないため、エクシーズ素材には別のモンスターを使う必要がある。
 また、このカード発動後に新たにモンスター特殊召喚し、《地獄の暴走召喚》を使うこともできる。
 相手フィールドには自分が出した壊獣しか存在しないため、相手モンスターを展開される恐れがなくなる。

 相手フィールドに出た壊獣も強制的に攻撃しなければならない。
 この点を利用して《魔法の筒》などをセットしておけば大ダメージを与えることも可能。
 この利用法を狙うのなら自分壊獣攻撃が行われないようにメインフェイズ2で発動するのが良い。

  • 怪獣映画全盛期に活躍した怪獣は、人類の生み出した核兵器の影響で太古の眠りから目覚めたものや突然変異を起こして誕生したものが数多く存在する。
    イラストに登場している《怒炎壊獣ドゴラン》の元ネタと思われるゴジラは水爆実験によって地上に現れ、《海亀壊獣ガメシエル》の元ネタと思われるガメラも昭和シリーズ第一作で原爆搭載機の墜落によって北極から現れている。
    お互いフィールドへの全体除去は大量破壊兵器の脅威、壊獣リクルートする効果はそれによって目覚めた怪獣たちを表しているのだろう。
    また、怪獣映画は脅威となる怪獣が消え去っても「生き残りの存在が示唆される」「倒したと思っていた怪獣が実は生きていた」などの次なる戦いを予感させるエピローグが存在する事が多い。
    (2)のサーチ効果フィールドから壊獣がいなくなっても新たに壊獣が出現する可能性を示しているのかもしれない。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:「モンスターを全て破壊する」ことに失敗し、いずれかのフィールド上にモンスターが残っています。
  この場合、後半の効果で壊獣モンスター特殊召喚できますか?
A:はい、全て破壊されてなくてもモンスターが1体でも破壊されている処理が行われている場合なら、可能です。(16/09/15)

Q:「モンスターを全て破壊する」ことに失敗し、相手フィールド上に「壊獣モンスターが残っています。
  この場合、後半の効果で壊獣モンスター特殊召喚できますか?
A:いいえ、どちらのフィールド上にも特殊召喚できません。
  「壊獣モンスターの存在しない側にのみ特殊召喚される」ということもありません。(16/09/15)

Q:《青眼の精霊龍》が存在する時に発動できますか?
A:発動できません。(16/09/10)
  なお《妨げられた壊獣の眠り》にチェーンして《青眼の精霊龍》特殊召喚された場合は、まず《青眼の精霊龍》破壊されますので、壊獣2体を特殊召喚する処理も行うことができます。(16/09/10)

Q:壊獣カウンターが2個以上溜まっている状態で、このカード効果自分フィールド《怒炎壊獣ドゴラン》を、相手フィールド《粘糸壊獣クモグス》を同時に特殊召喚しました。
  この時、相手プレイヤー《粘糸壊獣クモグス》効果《怒炎壊獣ドゴラン》に対して発動できますか?
A:はい。発動できます。(16/09/10)


Tag: 《妨げられた壊獣の眠り》 魔法 通常魔法 壊獣

広告