冥界(めいかい)麗人(れいじん)イゾルデ/Isolde, Belle of the Underworld》

効果モンスター
星4/闇属性/アンデット族/攻1000/守   0
このカードはこのカードの(1)の方法でしか特殊召喚できない。
「冥界の麗人イゾルデ」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「冥界騎士トリスタン」が存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):自分フィールドのアンデット族モンスターを2体まで対象とし、
5〜8までの任意のレベルを宣言して発動できる。
そのモンスターはターン終了時まで宣言したレベルになる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はアンデット族モンスターしか特殊召喚できない。

 PREMIUM PACK 17で登場した闇属性アンデット族下級モンスター
 自身の効果以外で特殊召喚できない召喚制限《冥界騎士トリスタン》が存在する場合に自身を手札から特殊召喚できる召喚ルール効果と、2体までのアンデット族レベルを5〜8に変化させる起動効果を持つ。

 (1)の効果により、フィールド上に《冥界騎士トリスタン》が存在する場合に手札から特殊召喚できる。
 《冥界騎士トリスタン》とは相性が良く、あちらの効果でこのカードサルベージでき、そのまま自身の特殊召喚に繋げられる。
 しかし、それ以外の方法では一切の特殊召喚ができず、単体で使用する場合は他のアンデット族特殊召喚で展開しておく必要がある。
 《ゴブリンゾンビ》に対応するためサーチ自体は難しくない。

 メインとなる(2)はアンデット族レベルを操作する効果
 これによりエクシーズ召喚シンクロ召喚レベル調整を行えるが、アンデット族以外の特殊召喚を封じる制約がある。
 特に【アンデット族】ではエクシーズ召喚の難しかった《No.22 不乱健》《No.23 冥界の霊騎士ランスロット》は打点と除去不足を補える。
 通常だとシンクロ召喚の難しい《炎神−不知火》《ゾンビキャリア》《妖刀−不知火》等、特殊召喚しやすいアンデット族チューナーレベルを変更すれば行えるようになる。
 下級アンデット族が中心となりやすいデッキの戦術の幅を広げてくれるだろう。

  • 海外版のイラストでは、胸部の線が消されている。
    しかしながら、へそ出しといった露出は一切修正されていない。
  • 「イゾルデ(Isolde)」とは、「アーサー王物語」の一節『トリスタンとイゾルデ』の登場人物である。
    この物語では『金髪』と『白い手』の2人の「イゾルデ」が存在する。
    このカードの髪は銀髪なので、後者の『白い手』のイゾルデがモチーフとなっているのだろう。
    詳細は《聖騎士の追想 イゾルデ》を参照。

関連カード

収録パック等


Tag: 《冥界の麗人イゾルデ》 モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 アンデット族 攻1000 守0 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告