冥界濁龍(めいかいだくりゅう) ドラゴキュートス/Dragocytos Corrupted Nethersoul Dragon》

シンクロ・効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守2000
闇属性チューナー+チューナー以外のドラゴン族モンスター1体
(1):このカードは戦闘では破壊されない。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
このカードはもう1度だけ続けて相手モンスターに攻撃できる。
(3):自分スタンバイフェイズに相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力を半分にし、その数値分だけ相手にダメージを与える。

 PREMIUM PACK 17で登場した闇属性ドラゴン族シンクロモンスター
 戦闘では破壊されない永続効果相手モンスター戦闘破壊して墓地へ送った時に連続攻撃できる誘発効果自分スタンバイフェイズ相手モンスター攻撃力を半減してバーンを行う事ができる誘発効果を持つ。

 チューナー闇属性チューナー以外のモンスタードラゴン族が指定されている。
 【シンクロ召喚】の要素があるデッキならばドラゴン族シンクロモンスターを無理なく投入できるため、シンクロ召喚そのものはそれほど難しくない。
 ただし合計2体でしかシンクロ召喚できないという縛りがあるので、シンクロ素材に余計なモンスターを一切使うことができない点には注意したい。
 なお《ドラゴラド》《ラブラドライドラゴン》蘇生すれば、1枚の消費でシンクロ召喚が可能である。
 【Sin】では闇属性チューナーである《Sin パラレルギア》手札にあるレベル8のSinで容易に出せる4000打点のモンスターとして活躍できる。
 蘇生はできなくなるが、墓地レベル8の融合モンスターがいれば《劫火の舟守 ゴースト・カロン》特殊召喚することもできる。

 (1)の効果戦闘破壊耐性だが、元々の攻撃力がかなり高く、もとより簡単には戦闘破壊されない。
 自己強化効果を持つ《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》に突破される心配が無いのもありがたい。

 (2)の効果連続攻撃で、(1)の戦闘破壊耐性によって、同じ攻撃力モンスターも一方的に戦闘破壊して発動できる。
 反面、墓地へ送る必要があることから、トークンペンデュラムモンスターが相手では使えず、モンスター限定なので直接攻撃が狙えないと難点も多い。

 (3)の効果単体弱体化バーン効果だが、発動タイミングがスタンバイフェイズと遅いため活かし辛い。
 相手ターン中にこのカード除去されてしまう場合も多く、逆に相手がこのカード除去できないならば、的になるようなモンスターを展開することはまず無いためである。
 狙うのであれば、《リビングデッドの呼び声》等で相手エンドフェイズ特殊召喚するのがいいだろう。
 上手く発動できれば、連続攻撃と組み合わせて大きなダメージを与えられる。

 総じて3つの効果があまり噛み合っておらず、戦闘破壊耐性しか持たないので除去カードであっさり突破される可能性も高い。
 同レベル対象耐性を持つ《神樹の守護獣−牙王》とは、デッキフィールドの状況によって使い分けを図りたい。
 《神縛りの塚》との相性は良好であり、戦闘破壊耐性カードの効果に対する耐性が組み合わさることで堅牢となる。
 連続攻撃能力も《神縛りの塚》バーン効果と噛み合い、ダメージをより稼げる。
 【Sin】では元々《神縛りの塚》との相性が良いため、このカードを優先してシンクロ召喚する機会も多いだろう。
 墓地へ送られても、同じ素材でシンクロ召喚できる《Sin パラドクス・ドラゴン》効果蘇生する事で、1ターンキル級の攻撃力をたたき出せる。

  • 「ドラゴキュートス」は、「ドラゴン」+「コキュートス(コーキュートス、Cocytus)」の合成語か。
    「コキュートス」とは、ギリシア神話において地獄の最下層に流れる川のこと。
    ダンテの『神曲』では、生前に裏切りを働いた者がこの川で永遠に氷漬けにされている。
  • シンクロ召喚時の口上は「冥界を流るる嘆きの河より亡者の激流を逆巻き浮上せよ!!シンクロ召喚!!《冥界濁龍 ドラゴキュートス》!!」。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード《閃光の双剣−トライス》を装備して2回攻撃できる状態の時に(2)の効果発動する事自体できますか?
A:いいえ、発動する事自体できません。(14/12/20)


Tag: 《冥界濁龍 ドラゴキュートス》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星10 闇属性 ドラゴン族 攻4000 守2000

広告