迷宮(めいきゅう)魔戦車(ませんしゃ)/Labyrinth Tank》

融合モンスター
星7/闇属性/機械族/攻2400/守2400
「ギガテック・ウルフ」+「キャノン・ソルジャー」

 Vol.7で登場した闇属性機械族融合モンスター
 融合素材《ギガテック・ウルフ》《キャノン・ソルジャー》

 初期の融合モンスターの中では比較的バランスの良いステータス表示形式変更にも強い。
 しかしモンスター効果を持たず、数値自体は上級モンスター程度と融合モンスターとしては物足りない能力とも言える。
 一方で融合素材の扱いやすさ、後述のサポートカードの豊富さから専用デッキが組みやすい。

 融合素材種族サポートを共有でき、《融合徴兵》《融合準備》サーチサルベージが可能。
 また、《ギガテック・ウルフ》《レスキューラビット》《予想GUY》で展開できるので、《ギアギガント X》エクシーズ召喚等も狙いやすい。
 《キャノン・ソルジャー》も同じく《ギアギガント X》サーチ可能な《ブラック・ボンバー》蘇生効果に対応する。

 1番のメリット《オーバーロード・フュージョン》に対応している点であり、墓地融合素材が揃っていれば手札1枚で融合召喚できるのは大きい。
 《パワー・ボンド》融合召喚すれば攻撃力4800となり、さらに《リミッター解除》も併用すれば攻撃力9600まで上昇する。
 効果を持たないため、《ダイガスタ・エメラル》からしぶとく蘇生させることも可能。
 融合素材代用モンスターも利用でき、《ギガテック・ウルフ》《予想GUY》で展開しつつ、通常召喚した《融合呪印生物−闇》とで特殊召喚もできる。

  • 原作では通常モンスターであったが、このカードに限らず、第1期に登場したレベル5以上の原作カード融合モンスターにされることも少なくはなかった。
    当時は原作再現が難しいと多くの非難を浴びたが、現在となってはサポートにより活躍させやすくなったり、融合素材がサポートを利用しやすくなったりとメリットも多く発生しており、なかなか複雑である。
  • 遊戯王OCGの前身であるバンダイ版でも登場している。
    その頃は金箔押しのレアカードで、イラストのカラーリングも今の様な赤青緑黄色の強烈な原色カラーではなく、緑色のボディでいかにもドリル戦車といったイメージであった。
    種族機械族が存在しないため悪魔族になっていた。
  • アニメ「デュエルクエスト編」でも3体登場し、洞窟内の迷宮で遊戯たちを襲っていた。

関連カード

融合素材

収録パック等


Tag: 《迷宮の魔戦車》 融合モンスター モンスター 星7 闇属性 機械族 攻2400 守2400

広告