融爆(ゆうばく)/Induced Explosion》

通常罠
(1):自分フィールドのカードが魔法カードの効果で破壊された時、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):自分フィールドのカードが魔法カードの効果で破壊された時、
墓地のこのカードを除外し、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKで登場した通常罠
 魔法カード効果フィールドのカード破壊された時、フィールドのカード破壊する効果を持つ。

 破壊による除去を行う魔法カードは非常に多く、ペンデュラム効果も含めると破壊除去魔法カードが入っているデッキと対戦する機会は頻繁にある。
 但し相手除去を待つのでは受動的すぎるので、基本的には自分効果発動を狙っていくことが求められる。

 自分カード破壊する魔法カードが多く投入される、【炎王】【アーティファクト】といったデッキでは採用が検討できる。
 ペンデュラム効果魔法カード効果になるため、【イグナイト】【メタルフォーゼ】等の自分カード破壊することによりアドバンテージを得られるデッキでは除去要員として機能する。

  • カード名は「誘爆」に掛けているものと思われる。
  • 映画ではNormalであり、(2)の効果はなかった。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《融爆》 通常罠

広告