()れる眼差(まなざ)し/Wavering Eyes》

速攻魔法(制限カード、17/07/01から準制限カード)
(1):お互いのPゾーンのカードを全て破壊する。
その後、この効果で破壊したカードの数によって以下の効果を適用する。
●1枚以上:相手に500ダメージを与える。
●2枚以上:デッキからPモンスター1体を手札に加える事ができる。
●3枚以上:フィールドのカード1枚を選んで除外できる。
●4枚:デッキから「揺れる眼差し」1枚を手札に加える事ができる。

 クラッシュ・オブ・リベリオンで登場した速攻魔法
 ペンデュラムゾーンカードを全て破壊し、破壊した枚数に応じた効果適用する複数の効果を持つ。

 このカードには、大きく分けて2つの使い方がある。

  1. ペンデュラム召喚サポートカードとして使用する場合。
    自分ペンデュラムモンスター破壊してエクストラデッキを肥やし、「●2枚以上」の効果により任意のペンデュラムモンスターサーチする。
    ペンデュラム召喚につなぎ、先ほどエクストラデッキに送ったペンデュラムモンスター特殊召喚してアドバンテージを得る。
  2. ペンデュラム召喚メタカードとして使用する場合。
    相手ペンデュラムモンスター破壊し、ペンデュラム召喚ペンデュラム効果を妨害する。
    フリーチェーン速攻魔法である事を活かし、相手ペンデュラムゾーンに2枚のカードを置いた所で発動してペンデュラム召喚を阻害する。
    また、相手ペンデュラム効果発動した時にチェーン発動すれば、ペンデュラム効果不発にできる。
    加えて、破壊した枚数に応じてさらなる追加効果適用される。

 「●2枚以上」の効果で全てのペンデュラムモンスターサーチできるため、ペンデュラムモンスターを多く採用したデッキではサーチカードとして機能する。
 手札ペンデュラムモンスターが3枚以上ある時に、そのうち2枚をペンデュラムゾーンに置いて発動し、残った1枚とサーチしてきた1枚で破壊した2枚をペンデュラム召喚するのが基本的な使い方になる。
 不都合なペンデュラムスケールや状況に合わないペンデュラム効果を必要なものに入れ替えることも可能である。
 クリフォートデメリットペンデュラム効果を回避し、エクシーズ召喚等を行うこともできる。
 ただし、合計3枚のカードを使用して1枚しかサーチできないため、一時的に2枚のディスアドバンテージが生じ、その後のペンデュラム召喚が妨害されると辛い展開となる。

 一方のプレイヤーが使えるペンデュラムゾーンは2つだけなので、3枚以上・4枚の効果は、お互いペンデュラムモンスターを採用しているデッキの場合のみ使用可能となる。
 「●3枚以上」の効果対象をとらない除外という防ぎにくい単体除去であり、先述したペンデュラム召喚の阻害と併せ、相手の戦略を大きく崩す事が可能である。
 なお4枚破壊すれば同名カードサーチできるが、現在このカード制限カードのため、この効果は実質的に使用不能となっている。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《揺れる眼差し》 魔法 速攻魔法

広告