雷帝家臣(らいていかしん)ミスラ/Mithra the Thunder Vassal》

効果モンスター
星2/光属性/雷族/攻 800/守1000
「雷帝家臣ミスラ」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、相手フィールドに
「家臣トークン」(雷族・光・星1・攻800/守1000)1体を守備表示で特殊召喚する。
このターン、自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
(2):このカードがアドバンス召喚のためにリリースされた場合に発動できる。
このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにアドバンス召喚できる。

 クロスオーバー・ソウルズで登場した光属性雷族下級モンスター
 相手フィールド家臣トークン特殊召喚して自身を特殊召喚する起動効果アドバンス召喚のためにリリースされた場合、追加でアドバンス召喚を行える誘発効果を持つ。

 (1)の効果は、相手フィールド家臣トークン特殊召喚することで、自身を手札から特殊召喚する効果
 他の家臣とは異なり、自身の特殊召喚には発動条件コストを要求しないため状況に左右されず展開できるが、相手トークンを与えるデメリットがあるためうまく立ち回る必要がある。

 相手トークンを与えるデメリットは、《砂塵の悪霊》といった全体除去を持つモンスターアドバンス召喚して除去することで、容易に消すことができる。
 他にモンスターがいないと自己破壊する《雷帝ザボルグ》も安全にアドバンス召喚できる他、追加でアドバンス召喚した《轟雷帝ザボルグ》破壊すればエクストラデッキ破壊できる。
 他にも、《洗脳解除》を使ってコントロールを戻し、リリースとするのもよい。
 変わった所では、光属性トークンを出せる事を活かして《A・O・J コズミック・クローザー》の条件を整えたり、《A・O・J サンダー・アーマー》効果で大ダメージを与えるといった活用方法もある。
 【A・O・J】は展開力が低いため、エクストラデッキ封じのデメリットもあまり気にならない。

 (2)の効果は、自身がリリースされた場合には追加でアドバンス召喚ができるようになる効果
 召喚権が厳しくなるにとっては相性の良い効果だが、手札消費が多くなるのが問題となる。
 【冥界軸最上級多用】と相性が良く、《冥界の宝札》手札を確保しつつ、さらにアドバンス召喚して追加ドローが可能になる。

  • ミスラとはイラン神話に登場し、英雄神として西アジアからギリシア・ローマに至る広い範囲で崇められた神である。
    インド神話の神ミトラと起源を同じくするインド・イラン共通時代にまで遡る古い神格であり、その名は本来「契約」を意味する。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:相手の《雷帝家臣ミスラ》が(1)の効果特殊召喚に成功した時、《増殖するG》効果自分は何枚ドローできますか?
A:1枚です。(15/04/04)


Tag: 《雷帝家臣ミスラ》 モンスター 星2 光属性 雷族 効果モンスター 攻800 守1000

広告