竜脚獣(りゅうきゃくじゅう)ブラキオン/Sauropod Brachion》

効果モンスター
星8/地属性/恐竜族/攻1500/守3000
このカードはデッキから特殊召喚できない。
このカードは恐竜族モンスター1体をリリースして表側表示でアドバンス召喚できる。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。
(2):このカードが反転召喚に成功した場合に発動する。
このカード以外のフィールドのモンスターを全て裏側守備表示にする。
(3):このカードが攻撃された場合、その戦闘で発生する相手への戦闘ダメージは倍になる。

 LIMITED EDITION 11で登場した地属性恐竜族最上級モンスター
 デッキから特殊召喚できない召喚制限アドバンス召喚リリースを減らす効果外テキスト裏側守備表示にする起動効果反転召喚に成功した時にモンスター裏側守備表示に変更する誘発効果反射ダメージを倍にする永続効果を持つ。

 最上級モンスターとしては攻撃力が低く、加えてリクルートに制限が課されている。
 代わりに、恐竜族リリース1体でアドバンス召喚する事ができる。
 蘇生帰還に関しては制限がないため、特殊召喚自体はさほど難しくない。

 サイクル・リバースモンスターの1種であり、反転召喚時にすべてのモンスター裏側守備表示にする。
 相手モンスター裏側守備表示にして戦闘破壊する、あるいは自分リバースした場合の効果を再利用するなどの使い方が考えられる。
 《テールスイング》と相性が良く、エクシーズモンスター対象を取る効果耐性を持ったモンスターバウンスできる。
 しかし、相手モンスター裏側守備表示にするなら《究極伝導恐獣》が存在しており、あちらの方が即効性に優れる。

 (3)の効果《アステカの石像》と同じ反射ダメージを倍加させる効果
 こちらは最上級モンスターである事からセットして地雷にする運用は出来ないため、攻撃を強要させるかコンバットトリックを狙う必要がある。
 特に《モンスターBOX》《墓地墓地の恨み》と相性が良く、相手攻撃力を0にして6000もの反射ダメージを与えられる。

  • ブラキオサウルスが元ネタだろう。
    既に存在していた《ブラキオレイドス》は本物のブラキオサウルスとは似ていないので、ブラキオサウルスらしいモンスターはこちらが初めてとなる。
    名前の通り、しっかりと後ろ足より前足の方が長い(ブラキオサウルスとは前足が長いトカゲという意味)。
    ちなみに「竜脚獣」というのは「竜脚目」という恐竜の分類の一つが元ネタとなっている。
  • 恐竜が「でかいだけの馬鹿でのろまな冷血動物」とされていた時代には、ブラキオサウルスの様な巨大恐竜は肉食恐竜達の格好の獲物となっていたとされていた。
    現在ではその大きな体そのものが武器となったり補助神経があればそれなりに動ける事が判明し、成体ならばこのカードの様な強固な守備力を誇っていた事だろう。
  • アニメ5D's公式サイトのデュエルワンポイントレッスンにおいて恐竜族代表としてアニメ版のカードが掲載されている。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは、最初のステージの剣山が使用。
    戦闘主体のスピードデュエルで、このカード守備力を突破するのはかなり難しい。
    しかし、スピードデュエルにはメインフェイズ2がないので、このカードの効果を完全には発揮できていない。

関連カード

モンスター裏側守備表示にする効果

―被攻撃時に相手戦闘ダメージを倍にする効果

―ブラキオサウルスモチーフのモンスターについては《ブラキオレイドス》を参照。

収録パック等

FAQ

Q:このカードへの攻撃宣言時に《ディメンション・ウォール》発動した場合、その効果相手が受けるダメージも倍になりますか?
A:はい、倍になります。(12/07/18)


Tag: 《竜脚獣ブラキオン》 効果モンスター モンスター 星8 地属性 恐竜族 攻1500 守3000 リクルート不可

広告