冷薔薇の抱香(フローズン・ロアーズ)

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
そのモンスターの種類によって以下の効果を適用する。
●植物族:このターンのエンドフェイズに、自分はデッキから2枚ドローし、
その後手札を1枚選んで捨てる。
●植物族以外:デッキからレベル4以下の植物族モンスター1体を手札に加える。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編4−で登場した速攻魔法
 モンスター1体を墓地へ送ることで、その種族に応じた効果適用する。

 植物族の場合はエンドフェイズ手札交換
 差し引き1枚のディスアドバンテージとなり得るので、相手除去チェーンし使用するなどしておきたい。
 手札から捨てるカードは何でも良いが、手札交換エンドフェイズと遅い。

 植物族以外の場合は植物族サーチ
 縛りの緩いリンクモンスターなどを使えば【植物族】でも使用可能になる。
 《グローアップ・バルブ》から出せる《リンクリボー》などがコストに向くか。
 《薔薇の妖精》サーチすればそのまま特殊召喚が可能。

  • カード名は以下の複数の要素を掛けていると思われる。
    • 「冷薔薇」はアニメ5D'sにおける《ブラック・ローズ・ドラゴン》の召喚口上にある「冷たい炎が世界のすべてを包み込む」と掛けている。
      ルビの「フローズン(frozen)」は「凍った」という意味だが、カタカナで見ると「薔薇」を意味する「ローズ(rose)」が含まれている。
  • 「抱香」は「抱擁」と「芳香」をかけた造語だろう。
    ルビの「ロアー(roar)」は「咆哮」という意味であり、イラストでも《ブラック・ローズ・ドラゴン》が吼えているため、こちらともかけているものと思われる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《冷薔薇の抱香》 魔法 速攻魔法

広告