烈風帝(れっぷうてい)ライザー/Raiza the Mega Monarch》

効果モンスター
星8/風属性/鳥獣族/攻2800/守1000
このカードはアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合、
フィールドのカード1枚と自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動する。
そのカードを好きな順番で持ち主のデッキの一番上に戻す。
このカードが風属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、
その時の効果に以下の効果を加える。
●フィールドのカード1枚を対象として持ち主の手札に戻す事ができる。

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場した風属性鳥獣族最上級モンスター
 アドバンス召喚に成功した場合フィールド墓地カードを1枚ずつ選択しデッキトップ戻す効果風属性リリースした場合さらにフィールドカードバウンスする効果を持つ。

 《風帝ライザー》上位種にあたる最上級
 アドバンス召喚成功時にフィールド墓地カードを1枚ずつデッキトップ戻す事ができる。
 リリース1体の増加に対してカード・アドバンテージ取得効率が落ちているが、2ターン分のドローロックとなるため、状況によっては凄まじい威力を発揮する。
 フィールド墓地からは離したいが、直後に使用されたくないカードデッキの2番目に戻すと良いだろう。
 エクストラデッキモンスター除去し、腐るカード墓地から戻すといった動きも可能。
 自分カード戻せるため、応用力が高く、アドバンス召喚する価値がある最上級モンスターと言える。

 風属性リリースに含む事で追加のバウンスを発生させられるが、《凍氷帝メビウス》と違って容易には狙えない。
 比較的特殊召喚しやすい《THE トリッキー》《クイック・シンクロン》《霞の谷の神風》リクルートできる《暴風小僧》《ダンディライオン》綿毛トークン等でリリース要員を確保したい。
 《始祖神鳥シムルグ》リリース軽減を狙うのも一つの手である。
 幻獣機ならばリリースに使える幻獣機トークンを出しやすいため、組み込めばアドバンス召喚も容易となる。
 《空中補給》バウンスする事で、維持コストを踏み倒す事ができるので覚えておきたい。

 自身を手札バウンスする事で再利用が狙える。
 何らかの形でリリースを確保してアドバンス召喚と自己バウンスを繰り返せば、往年の《八汰烏》を彷彿とさせる活躍が見込めるだろう。

関連カード

リリース1体でアドバンス召喚できる最上級モンスターの一覧

―《烈風帝ライザー》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:デッキの一番上に戻す処理と手札に戻す処理は同時に行う扱いですか?
A:はい、同時に行う扱いになります。(14/04/19)

広告