和睦(わぼく)使者(ししゃ)/Waboku》

通常罠
(1):このターン、自分のモンスターは戦闘では破壊されず、
自分が受ける戦闘ダメージは0になる。

 EXで登場した通常罠
 発動したターン自分モンスター戦闘破壊されず、自分が受ける戦闘ダメージを0にする効果を持つ。

 第一に、自分フィールドモンスターを守る場合や、自分への戦闘ダメージを回避する使い方がある。
 このカードの最も基本的な使い方で、あらゆる戦闘ダメージを1ターンの間回避できる事からほぼ確実に相手攻撃を遅らせる事ができる。
 相手攻撃によってリバースはさせたいが、破壊されたくないモンスターが居る時にも有効に利用できる。
 また、戦闘ダメージ0は与えた事にならないため、戦闘ダメージを与えた時に発動する誘発効果を防ぐ事ができる。
 しかし攻撃宣言戦闘を行うことはできるため、それらで発動するモンスター効果は防げないので注意したい。

 第二に、自分ターンに使う事で、戦闘は行いたいが戦闘破壊戦闘ダメージは受けたくない場合に利用できる。
 戦闘破壊されないため、リクルーターを使った自爆特攻はできないが、これにより剣闘獣効果を使いたい場合には攻守万能のカードとして使える事になる。
 他には、高攻撃力モンスター《異次元の女戦士》などを自爆特攻させたい場合や、《古代の機械工兵》魔法・罠除去を行うために攻撃したい場合などで利用できる。

 フリーチェーン罠カードである事もメリット
 《ナイト・ショット》等を除き、魔法・罠除去では完全な対処ができないのは評価できる。
 《人造人間−サイコ・ショッカー》《ミラージュ・ドラゴン》等の罠カード封じに対しても、特殊召喚カードチェーンするなど、効果適用前に発動することで対応できる。
 また、攻撃宣言時に発動させた《速攻のかかし》《バトルフェーダー》カウンター罠により無効にされた場合、解決後に改めて発動することもできる。

 その他、同じ攻撃力を持つモンスター同士の戦闘でも有効に働く。
 同攻撃力攻撃表示モンスター同士の戦いで攻撃宣言時に発動すると、自分モンスターのみ戦闘破壊から守る事ができるからである。
 自分ターン発動すれば、こちらから相手の同攻撃力モンスターを一方的に破壊しに行く事も可能である。

  • 「和睦」とは和解するという意味であり、元々は戦国時代の用語から取られたと言われている。
    その和解するために派遣するのが使者で、《平和の使者》と似ている部分もある。
    英語名は何故か「Waboku」と訳されているだけであり、「使者」の要素が無くなっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ「決闘者の王国編」の「杏子vs孔雀舞」戦において杏子が使用。
    強化された《ハーピィ・レディ》攻撃を防ぎ、反撃の狼煙を上げた。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカード発動したターン戦闘を行う事はできますか?
  また、戦闘を行える場合、裏側守備表示モンスター攻撃した場合は、表側表示になりますか?
A:戦闘を行う事が可能です。
  裏側表示モンスター表側表示になり、もちろんリバース時の効果も発揮されます。

Q:このカード適用中に《マジック・ランプ》により自分モンスター同士が戦闘を行う場合、どう処理を行いますか?
A:自分が受ける戦闘ダメージは、『相手モンスターから受ける全ての戦闘ダメージ』ではないため、通常通り自分戦闘ダメージを受けますが、自分モンスター戦闘では破壊されません。(16/02/27)

Q:このカードバトルフェイズ終了時、メインフェイズ2、エンドフェイズ発動する事ができますか?
A:いいえ、バトルフェイズ終了時以降にこのカード発動する事はできません。(15/03/15)


Tag: 《和睦の使者》 通常罠

広告