惑星汚染(わくせいおせん)ウイルス/Planet Pollutant Virus》

通常罠
自分フィールド上の「エーリアン」と名のついたモンスター1体をリリースして発動できる。
相手フィールド上に表側表示で存在する、
Aカウンターが乗っていないモンスターを全て破壊する。
相手のターンで数えて3ターンの間に
相手が召喚・反転召喚・特殊召喚したモンスター全てにAカウンターを1つ置く。

 CRIMSON CRISISで登場した通常罠
 自分フィールド上のエーリアンリリースし、相手フィールド上のAカウンターが乗っていないモンスターを全て破壊する効果を持つ。
 さらに発動相手ターンで数えて3ターンの間、相手召喚反転召喚特殊召喚したモンスターAカウンターを乗せる効果を持っている。

 Aカウンターが乗っていない全ての相手表側表示モンスターを、このカードエーリアンの2枚で一掃することができる。
 既にAカウンターが乗っているモンスター破壊できないため、そちらは各種Aカウンター関連のカードで処理することになる。
 そのまま使うとディスアドバンテージになる場合もあるので、エーリアンかこのカード除去されそうになった時に使いたい。

 また、その後相手フィールドに出したモンスターAカウンターを乗せる効果もあり、Aカウンターが必要なカードを補助できる。
 《「A」細胞増殖装置》のようにフィールドに維持する必要がないので、6、7ターンの間は確実にAカウンター置くことができる。
 さらに1ターンのうちに置かれるAカウンターの個数に制限はなく、何よりも特殊召喚に対応していることが最大の利点である。

 しかしこの効果の影響下で、押しきれる状況でもない相手がまともにモンスターを出してくることは期待しない方がいいだろう。
 Aカウンターの性質上、セット状態で出されるモンスターには対応できないため、6、7ターン何もせずに流されてしまう可能性も高い。
 全体除去だけでも十分アドバンテージは見込めるので、Aカウンター置く効果は展開を抑止する程度のものと考えても良いだろう。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:リリースコスト効果のどちらですか?
A:コストになります。(08/11/15)

Q:裏側守備表示エーリアンリリースすることができますか?
A:はい、リリースすることができます。(08/11/15)

Q:《トーチ・ゴーレム》などのような、相手がこちらのフィールド上に特殊召喚するモンスターにもAカウンターは乗りますか?
A:はい、乗ります。たとえ自分フィールド特殊召喚された場合でも、相手特殊召喚したモンスターなので乗ります。(08/11/15)

Q:相手Aカウンターを乗せる効果チェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、チェーンブロックは作られません。(08/11/21)

Q:召喚・反転召喚・特殊召喚に成功したモンスターAカウンター置かれるタイミングはいつですか?
A:Aカウンター置かれるのは、相手モンスター召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した直後になります。
  例えばそのモンスター召喚・特殊召喚の成功時発動する誘発効果を持つ場合は、その効果の処理よりも前になります。(08/11/21)

Q:複数枚発動した場合、Aカウンターを乗せる効果は重複しますか?
A:はい、重複します。2枚の効果適用されていれば、それぞれの効果Aカウンターが1つずつ乗ります。(08/11/15)

Q:《ブラック・ガーデン》によってお互いフィールド特殊召喚されるローズ・トークンにはAカウンター置かれますか?
A:相手《ブラック・ガーデン》によるものならば、どちらのフィールド上に特殊召喚された場合でもAカウンターが置かれます。
  逆に自分《ブラック・ガーデン》の場合は、どちらのフィールド上に特殊召喚されても、この効果Aカウンター置かれません。(08/12/22)

Q:相手フィールド表側表示モンスターが存在しないまたはAカウンターが乗ったモンスターしか存在しないでもこのカード発動できますか?
A:はい、可能です。(09/01/15)

Q:3ターンの間Aカウンター置く効果適用中に、《人造人間−サイコ・ショッカー》を出した場合どうなりますか?
A:既に発動済みのカード効果なので、Aカウンター置く効果無効になりません。(08/11/20)

Q:Aカウンターを1つ置く効果は、罠カード効果を受けない効果を持つモンスター召喚・反転召喚・特殊召喚された場合にも適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(15/09/11)


Tag: 《惑星汚染ウイルス》 通常罠

広告