弩弓部隊(どきゅうぶたい)

通常罠
(1):自分フィールドのモンスター1体をリリースし、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 CYBERNETIC HORIZONで登場した通常罠
 自分フィールドモンスター1体をリリースする事で相手フィールドのカード破壊する効果を持つ。

 フリーチェーンカードの種類を選ばずに破壊できる効果を持つが、リリースが必要である。
 リリースモンスタートークンでもよく、複数のトークンを展開したり、繰り返し生成できるカードを用いれば軽いコストとなる。
 しかし、先にトークンを用意する手間があることを考えると、単に破壊するだけならば手札コストである《サンダー・ブレイク》の方が発動しやすいと言える。
 ペンデュラムモンスターエクストラデッキに送ってペンデュラム召喚で再利用したりサクリファイス・エスケープに使うことが出来るところで差別化したい。

 《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》下ならば相手モンスターコストにできるため1:2交換が可能。
 《悪魔嬢リリス》サーチできる通常罠という点でもシナジーはある。
 ただ、単体の汎用性が高いとは言い難いので事故になる可能性があり、除去としては競合先も多いのが難点である。

 聖刻モンスターリリースして効果トリガーにすることや《闇黒の魔王ディアボロス》特殊召喚に繋げるという使い道もある。
 しかし、聖刻においては除外を行う《抹殺の聖刻印》が、《闇黒の魔王ディアボロス》を軸とするデッキでは各種ウイルスカードの存在がネックとなる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《弩弓部隊》 通常罠

広告