瀑征竜(ばくせいりゅう)−タイダル/Tidal, Dragon Ruler of Waterfalls》

効果モンスター(禁止カード)
星7/水属性/ドラゴン族/攻2600/守2000
自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族
または水属性のモンスターを合計2体除外して発動できる。
このカードを手札・墓地から特殊召喚する。
特殊召喚したこのカードは相手のエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
また、このカードと水属性モンスター1体を手札から墓地へ捨てる事で、
デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
このカードが除外された場合、
デッキからドラゴン族・水属性モンスター1体を手札に加える事ができる。
「瀑征竜−タイダル」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 LORD OF THE TACHYON GALAXYで登場した水属性ドラゴン族最上級モンスター
 征竜最上級モンスター共通の効果と、手札から自身と水属性モンスター墓地へ捨てる事でデッキからモンスター墓地へ送る起動効果を持つ。

 レベル7の征竜の共通効果に関しては征竜を参照。

 墓地へ送る効果は、コストがある《おろかな埋葬》と言える効果
 《おろかな埋葬》より1枚多く手札を消費する上、直接アドバンテージを得られず、普通に使うだけでは大きなディスアドバンテージを負う。
 水属性モンスター墓地へ送れるので、自身を墓地から自己再生する準備が整うが、次のターンまで蘇生できない。
 コストの関係上、このカード水属性が多めのデッキで採用されることとなるため、墓地送りは《ジェネクス・ウンディーネ》《鬼ガエル》等でも十分な場合が多い。
 こちらを使うならば、コストとして海皇墓地へ送ったり、水属性ドラゴン族を採用するなどの工夫が必要である。

 大きなディスアドバンテージを伴うこの効果だが、《海皇の重装兵》等の効果発動させるトリガーとしては非常に優秀である。
 召喚特殊召喚に関係せず海皇効果発動できるため、《神の警告》《ヴェルズ・オピオン》のどちらを相手にしても問題ないのが特長。
 《フィッシュボーグ−アーチャー》《ドラゴン・アイス》墓地へ送れば妨害されにくい海皇トリガーをさらに用意できる。

 除外された場合、水属性ドラゴン族モンスター手札加える効果も持つ。
 優秀な効果を持つ《青氷の白夜龍》《ブリザード・ドラゴン》特殊召喚のしやすい《ドラゴン・アイス》《幻水龍》等が候補になるだろう。
 能動的に除外する手段には、デッキからは《封印の黄金櫃》フィールド上からは《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》墓地からは《水の精霊 アクエリア》等が挙げられる。
 自身の効果水属性コスト《焔征竜−ブラスター》墓地へ置けば《氷炎の双竜》除外コストが即座に揃い、《焔征竜−ブラスター》除外すれば手札コストも賄える。
 《封印の黄金櫃》を使えばこのカード《氷炎の双竜》を揃えるのは容易。

 《異次元海溝》とは非常に相性が良く、このカード除外してアドバンテージを得られ、《ダブル・サイクロン》等で破壊すればこのカード特殊召喚ができる。
 他の征竜効果除外する手もあり、ドラゴン族コスト征竜墓地へ置いておけば次のターン、その征竜を蘇生させる時にこのカード除外可能。

 【海皇】【水精鱗】では、前述の通り効果トリガーになることに加え、《水精鱗−ガイオアビス》を含めたランク7のエクシーズ素材として有用なことから必須カードとなっていた。

  • 「タイダル(Tidal)」とは、英語で「潮の」を意味する形容詞であるが、このカードの場合は津波を意味する「Tidal Wave」から取ったのだろう。
    しかし、カード名の「瀑」は滝を意味する漢字であり、イラストでも滝が描かれているため、少々噛み合っていない。

関連カード

―《瀑征竜−タイダル》の姿が見られるカード

サーチ可能な水属性ドラゴン族モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

征竜の共通効果については征竜を参照。


Tag: 《瀑征竜−タイダル》 効果モンスター モンスター 星7 水属性 ドラゴン族 攻2600 守2000

広告