茫漠(ぼうばく)死者(ししゃ)/Endless Decay》

効果モンスター
星5/闇属性/アンデット族/攻   ?/守   0
自分のライフが2000以下の場合、
このカードは手札から特殊召喚する事ができる。 
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
このカードの攻撃力は相手のライフポイントの数値の半分になる。

 Vジャンプ(2010年5月号開始) 一年間定期購読特典で登場した闇属性アンデット族半上級モンスター
 自分ライフポイント2000以下の時に特殊召喚できる召喚ルール効果と、召喚・特殊召喚に成功した時の相手ライフポイントの半分を攻撃力とする誘発効果を持つ。

 上級モンスターだが、特殊召喚効果を持っており、通常召喚や自身の効果以外の特殊召喚共に何ら制約は無い。
 特殊召喚方法が豊富なアンデット族であり、《ピラミッド・タートル》からリクルートも可能。

 相手が初期ライフならば、自身の効果により攻撃力4000となる。
 誘発効果により自身の攻撃力を決定するため、攻撃力が1500以上の場合でも《奈落の落とし穴》を受けない。
 《ピラミッド・タートル》《トランスターン》から即座に大型アタッカーを出せる。
 反面、《エフェクト・ヴェーラー》等のモンスター効果メタに弱く、基本的に攻撃表示で展開するため返しのターンで大打撃を受ける。

 守備力は0なので、表示形式変更にも弱いが、《悪夢再び》サルベージできるメリットでもある。
 相手ライフが多いほど攻撃力が増すため、《成金ゴブリン》《ソウルテイカー》デメリットを軽減できる。
 一度攻撃力が決まれば、それ以降に相手ライフが変動してもこちらの攻撃力には影響を受けない。
 よって相手ライフがいくらあってもこのモンスター2回のダイレクトアタックで勝利できる。
 さらにはフィールドでの同名カードの枚数制限も無いので、上記の通り《悪夢再び》で2枚回収し2体の直接攻撃1ターンキルを狙うのもいい。
 ライフが2000以下の場合に自身を特殊召喚できる効果も合わせて、一発逆転向きのモンスターと言える。

 《地獄の暴走召喚》特殊召喚できるので、能動的にライフを減らすデッキを組むこともできる。
 同じ闇属性レベル5の《ガーベージ・ロード》や、《悪夢再び》サルベージできる《ミストデーモン》《簡易融合》などが使いやすく、《No.61 ヴォルカザウルス》《シャーク・フォートレス》につなげてもライフを一気に削る事ができる。

  • 「茫漠」は、広々としている上に特筆する何かが存在しているわけでもない状態を指す。
    • 英語名に含まれる「Decay」は、「腐敗・腐食・崩壊」等の意味の名詞である。
      「Endless Decay」では「永遠の腐敗」といった意味になる。
  • アニメARC-VのLDSの小テストで、このカード攻撃力を答える問題が出された。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカード攻撃力相手ライフポイントの数値の半分になる効果の種別は何になりますか?
A:このカード召喚・特殊召喚に成功した時に発動する誘発効果になります。(11/03/19)

Q:このカード召喚・特殊召喚に成功した時の効果適用された後に、相手ライフポイントが変化した場合、このカード攻撃力は変化しますか?
A:いいえ、変化しません。(11/03/19)

Q:効果適用されたこのカード攻撃力元々の攻撃力はいくつですか?
A:0になります。(11/03/19)

Q:自身の効果攻撃力が変化している状態のこのカード《収縮》発動した場合、このカード攻撃力はどうなりますか?
A:0になり、エンドフェイズになっても攻撃力は戻らず0のままになります。(11/03/19)

Q:自身の効果攻撃力が変化している状態のこのカード攻撃力《ヴェノム・スワンプ》効果で下がりますか?
A:はい、下がります。攻撃力が0以下になった場合、通常通り破壊されます。(13/08/17)


Tag: 《茫漠の死者》 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 アンデット族 攻? 守0

広告