薔薇(ばら)刻印(こくいん)/Mark of the Rose》

装備魔法
自分の墓地の植物族モンスター1体をゲームから除外して発動できる。
このカードを装備した相手モンスター1体のコントロールを得る。
自分のエンドフェイズ時、装備モンスターのコントロールを相手に移す。
自分のスタンバイフェイズ時、装備モンスターのコントロールを得る。

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した装備魔法
 発動時と自分スタンバイフェイズからエンドフェイズまで装備モンスターコントロール奪取し、それ以外はコントロール相手に戻す効果を持つ。

 コントロール奪取してもエンドフェイズコントロール相手に戻ってしまう。
 そのため、発動したターン中に奪ったモンスターリリースシンクロ素材エクシーズ素材等で処理する手段が必須となる。
 また、このカード装備魔法であり、《サイクロン》等で破壊され不発になる可能性がある。
 《アームズ・ホール》によるサーチサルベージが可能であり、植物族墓地コストもあるため、確実にコントロール奪取し、その後の処理もできるタイミングで使いたいところ。
 コントロール奪取したモンスター《月の書》等で裏側守備表示にすれば永続的にコントロール奪取が可能になる。

 このカード発動するには、墓地植物族除外する必要がある。
 【植物族】で使うか、植物族出張させたデッキでしか採用できない。
 【植物族】墓地からの特殊召喚を狙うカードが多く、墓地アドバンテージを失う点では相性が悪い。
 使うのであれば《ローンファイア・ブロッサム》同名カードリクルートを行い、墓地植物族を増やしてから使いたいところ。
 既に自己再生効果を使った《グローアップ・バルブ》などであれば除外してもさほど痛手にはならない。
 もしくは、《アームズ・ホール》で共にサーチ可能な《D・D・R》帰還を狙うのも手ではある。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:自分モンスターに対し発動できますか?
A:いいえ、できません。(08/07/19)

Q:コントロールの移動は、チェーンブロックを作りますか?
A:はい、作られます。(08/07/21)

Q:相手フィールド上に2体のモンスターがいて、こちらのフィールドにはモンスターが存在しません。
その状態で《薔薇の刻印》で片方のモンスターコントロールを奪い《強制転移》モンスターを入れ替えターンを終了しました。
次の自分スタンバイフェイズ時、装備モンスターコントロール自分に移りますか?
A:ご質問の状況の場合でも、《薔薇の刻印》の効果はその後通常通り適用されます。(13/08/21)

Q:《薔薇の刻印》でモンスターコントロールを奪い、そのモンスター裏側表示になったことで《薔薇の刻印》が破壊された場合、コントロール相手に戻りますか?
A:その場合、コントロールは移ったままとなります。(09/04/07)

Q:自分スタンバイフェイズ時にこのカード効果が発動し、装備モンスターコントロールがこちらに移りました。
  このターン中にこのカード破壊した場合、装備モンスターコントロールはどうなりますか?
A:モンスターコントロールは元々の持ち主である相手に戻ります。(13/06/14)

Q:このカードコントロールを奪った《星態龍》攻撃宣言した場合、どのような処理になりますか?
A:攻撃宣言を行った《星態龍》はこのカード効果を受けずコントロール相手に戻ります。
  この時点で攻撃モンスターではなくなるため、すぐにこのカードの効果適用され再度コントロールを得る事になります。
  《星態龍》はすでに攻撃宣言を行っているので、このバトルフェイズ中にはもう攻撃を行えません。(13/08/17)


Tag: 《薔薇の刻印》 魔法 装備魔法

広告