髑髏顔(ドクロがん) 天道虫(レディバグ)/Skull-Mark Ladybug》

効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻 500/守1500
このカードが墓地に送られた時、自分は1000ライフポイント回復する。

 暗黒の侵略者で登場した地属性昆虫族下級モンスター
 自身が墓地へ送られた時に、自分ライフ回復する強制発動誘発効果を持つ。

 戦闘を介した回復が目的なら《素早いモモンガ》使用した方が良い。
 こちらは墓地へ送る手段を問われないので、エクシーズ素材デッキから直接墓地へ送られた場合でも効果発動できるメリットがある。

 デッキから墓地へ送る場合、《魔導雑貨商人》であればランダム性が高いが状況によっては2枚以上を墓地へ送ることも可能である。
 手札から墓地へ送る場合、《マジック・ジャマー》等の手札コストに使用しつつ、回復できる。
 【ドローゴー】【キュアバーン】【デミスドーザー】なら採用の余地がある。

 《デブリ・ドラゴン》とは相性が良く、蘇生してランク4のエクシーズ召喚を行いつつ回復することができる。
 このカード墓地に存在している時点で、既に1度は回復している事になるので、実質2度回復することになる。

 《ソウル・チャージ》と併用すれば、《ソウル・チャージ》の莫大なライフコストを幾分か軽減できる。
 先んじてこのカードで何度か回復を行っておけば、間接的に終盤の《ソウル・チャージ》腐りにくくする働きも見込めるだろう。
 もっともそのためだけにこのカードを投入するのは効率が悪いので、上記の《デブリ・ドラゴン》などと自然なコンボが可能なデッキに限られるか。

  • コナミのゲーム作品において―
    GBのDMシリーズでは効果を持たないモンスターとして登場し、オリジナルのテキストが存在する。
    「背中に七星の代わりにドクロが描かれているてんとうむし」と書かれている。
    DM7においては効果モンスターとして登場し、原作と同様の墓地へ送られた時に500ポイント回復する効果を持っていた。

関連カード

−てんとう虫のカード《死の4つ星てんとう虫》を参照。

収録パック等


Tag: 《髑髏顔 天道虫》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 昆虫族 攻500 守1500

広告