【アルティメット王虎】

デッキの概要

 アルティメット・インセクト相手モンスター弱体化し、召喚されるモンスター《王虎ワンフー》破壊するデッキ
 コンボデッキゆえに安定性が低いため、投入するカードをよく考慮する必要がある。

《アルティメット・インセクト LV5/Ultimate Insect LV5》
効果モンスター
星5/風属性/昆虫族/攻2300/守 900
「アルティメット・インセクト LV3」の効果で特殊召喚した場合、
このカードがフィールド上に存在する限り、
全ての相手モンスターの攻撃力は500ポイントダウンする。
自分のターンのスタンバイフェイズ時、表側表示のこのカードを墓地に送る事で
「アルティメット・インセクト LV7」1体を手札またはデッキから特殊召喚する
(召喚・特殊召喚・リバースしたターンを除く)。
《アルティメット・インセクト LV7/Ultimate Insect LV7》
効果モンスター
星7/風属性/昆虫族/攻2600/守1200
「アルティメット・インセクト LV5」の効果で特殊召喚した場合、
このカードが自分フィールド上に存在する限り、
全ての相手モンスターの攻撃力・守備力は700ポイントダウンする。
《王虎ワンフー/King Tiger Wanghu》
効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻1700/守1000
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
攻撃力1400以下のモンスターが召喚・特殊召喚に成功した時、
その攻撃力1400以下のモンスターを破壊する。

デッキ構築に際して

 まずなによりもアルティメット・インセクトのレベルアップと《王虎ワンフー》の展開が最優先事項である。
 前者に関してはターンをまたぐ必要があり、後者はサーチリクルートの手段が限られるので、コンボ完成の難易度は決して低くない。
 いかにしてこれらを揃えるかは、構築の段階で明確にしなければならない。

《アルティメット・インセクト LV3》を軸とする場合
 特殊召喚が行いやすく、手札事故の危険性も比較的少ない《アルティメット・インセクト LV3》を利用するにあたり、有効なのはやはりリクルーターである。
 また墓地の肥えやすさを利用したカードの活用も可能となる。

《アルティメット・インセクト LV5》を軸とする場合
 《アルティメット・インセクト LV3》《王虎ワンフー》の兼ね合いを気にする必要がなくなるので、下級モンスターでの動きがより柔軟になる。
 あちらと比べディスアドバンテージを負いやすいものの、相手の行動に依存されにくい。

―いずれの場合でも有効なカード

代表的なカード

関連リンク

広告