【デビル・フランケン】

デッキの概要

 《デビル・フランケン》効果融合召喚を行わずに強力な融合モンスター特殊召喚するデッキ
 単純なプレイングを特徴とするが、ライフコストが重いため、短期決戦になりやすいデッキである。

《デビル・フランケン/Cyber-Stein》
効果モンスター(制限カード)
星2/闇属性/機械族/攻 700/守 500
(1):5000LPを払って発動できる。
エクストラデッキから融合モンスター1体を表側攻撃表示で特殊召喚する。

デッキ構築に際して

 07/03/01の制限改訂で《デビル・フランケン》禁止カードとなり長らく構築不能だったが、14/02/01制限復帰14/07/01制限解除によって復権している。
 復帰後の環境では【E・HERO】【シャドール】等の正規融合の登場によってメタカードも増加しており、禁止カード経験前より強い対策が求められる。
 一方で相性の良い融合モンスターサポートカードも登場しているため型にはまった時の強さは健在といえる。
 しかし、後述の【メタルフォーゼ】の活躍により16/10/01にて再び制限カードに戻されたことで、現在は構築が難しくなっている。

メインデッキモンスターについて

エクストラデッキモンスターについて

融合モンスター
 主に《デビル・フランケン》起動効果フィールド特殊召喚するモンスター

シンクロモンスターエクシーズモンスター

魔法・罠カードについて

 必須カードモンスターカードが少ないため、多めに採用することになる。

デッキの派生

 必要となるカードが少ないため、メインデッキサイドデッキ問わず、あらゆるデッキに無理なく組み込める。
 その中でも特に相性の良く、メインデッキから採用されている可能性の高いデッキをここに記述する。

【バーン・1キル】

 【バンキル】等とも呼ばれ、その名の通り【ロックバーン】との複合型。
 融合モンスター攻撃で勝負が決まらなかったとしても、《仕込みマシンガン》《自業自得》で追撃を行う。
 その他《サイバー・エンド・ドラゴン》の攻撃補助におジャマトークンを使用したり、《ハーピィの羽根帚》バーンカードが苦手な《王宮のお触れ》を処理できる。

【ガジェット・フランケン】

 【ガジェフラ】とも略される、【除去ガジェット】との複合型。
 モンスター除去により融合モンスター攻撃を確実に通し、ガジェットによる攻撃も同時に行える。

【ネクロフェイス・フランケン】

 【ネクロフェイス】との複合型で、【ネクロフラ】とも呼ばれる。
 《ネクロフェイス》《魂吸収》コンボライフ回復しつつ、《デビル・フランケン》効果を使う。
 ライフ《デビル・フランケン》効果を贅沢に使い、融合モンスターを好きなだけ特殊召喚する。

【フラホルス】

 【お触れホルス】との複合型で、ホルスの黒炎竜《王宮のお触れ》効果を活かしたロックデッキとしての面も持つ。
 《聖なるバリア −ミラーフォース−》《奈落の落とし穴》等の除去手段に加え、《和睦の使者》《威嚇する咆哮》等の1ターンキルメタカードにも耐性がつくので、《ハーピィの羽根帚》等に頼る必要がない。
 融合モンスター《竜魔人 キングドラグーン》を用いる事が多い。

【サイキック・フランケン】

 《DNA改造手術》《脳開発研究所》、あるいは《念動増幅装置》を組み合わせることで、《デビル・フランケン》コストを踏み倒し融合モンスターを大量召喚するデッキ
 【脳開発フラン研究所】とも呼ばれる。
 コンボが決まればその破壊力は全デッキ随一であり、強力な融合モンスターが場に並ぶ姿は圧巻。
 《デビル・フランケン》制限解除で、大分現実味を帯びたデッキになった。
 キーカードである《DNA改造手術》サーチ手段として《不幸を告げる黒猫》も投入する。

【メタルフォーゼ】

 本来は《デビル・フランケン》と関係ないデッキなのだが、《デビル・フランケン》との相性の良さもあって2016年の環境で活躍したデッキ
 デュエル最序盤から《デビル・フランケン》を出して《ナチュル・エクストリオ》《異星の最終戦士》相手を制圧する動きが確立されていたため、【デビル・フランケン】の要素も取り入れていたと言える。
 16/10/01にて《デビル・フランケン》制限カードに戻されたのはこのデッキの働きが大きい。

備考

代表的なカード

関連リンク

広告