【リクルーター】

デッキの概要

 リクルーター *1を主力として採用したデッキのこと。

  • かつては【ウィニー】と呼ばれることもあった。
    MTGで小型モンスターを採用したデッキが【ウィニー】と呼ばれていたことが由来である。

デッキ構築に際して

 リクルーターは多岐にわたっており、デッキの派生を見ても分かる通り、デッキタイプも数多く存在する。
 ここではリクルーターの長所を考え、それに相応しいカードを列挙する。

デッキの種類

《王宮のお触れ》

 罠カードを封殺する《王宮のお触れ》を採用したタイプ。
 リクルーター戦闘破壊に強いこともあって、攻撃時の相手の妨害手段を狭めることができる。
 《死者への供物》《デュアルスパーク》《超融合》等限られたカードでしか魔法・罠カードでは対処が困難であり、攻撃的なデッキとなる。
 ただし、リクルーター元々の攻撃力は低いため、除去を多数積む等して補う必要がある。

《門前払い》

 除去手段に《門前払い》を採用したタイプ。
 リクルーターよりステータスが高い攻撃対象を、一時的に除去できる。
 この場合、直接攻撃に成功したリクルーター手札に戻るので、後のフォローが必要である。

デッキの派生

【リクルーターカオス】

 【カオス】との複合型で、《見習い魔術師》《キラー・トマト》《シャインエンジェル》を採用する。
 詳しくは当該ページを参照。

【リクル特攻】

 リクルーターを連続で自爆特攻させることでデュエルの勝利を目指す。
 詳しくは当該ページを参照。

【ガスタ】

 DUEL TERMINAL −インヴェルズの侵略!!−で登場したガスタを中心としたデッキ
 リクルートだけでなく、除去墓地も得意とする。
 詳しくは該当ページを参照。

【リクルーターHERO】

 【E・HERO】との複合型で、主に《巨大ネズミ》《グリズリーマザー》を使う。
 《E・HERO フォレストマン》《E・HERO オーシャン》リクルートすれば、サルベージ効果も活かしやすい。
 《巨大ネズミ》《E・HERO ガイア》《グリズリーマザー》《E・HERO アブソルートZero》融合素材にもなる。

 《ミラクル・フュージョン》を駆使し、何体も融合モンスターを並べるのも夢がある。
 《融合回収》を採用すれば、それもより簡単になる。

【リクルーター天魔神】

 天魔神を採用した、【リクルーターカオス】と同系列のデッキ
 《強制転移》等もそのまま採用できるが、《キラー・トマト》悪魔族ではないので、《天魔神 ノーレラス》がやや出しづらい。
 また、汎用性は低いが、《ジャイアントウィルス》闇属性悪魔族リクルーターである。

【リクルーター闇】

 《キラー・トマト》を軸にした【闇属性】
 《魂を削る死霊》《首領・ザルーグ》というハンデスモンスターを採用した【トマハン】が有名。
 《ニュードリュア》《仮面魔道士》《暗黒のミミック LV3》モンスター破壊ドロー系も豊富。
 《黒き森のウィッチ》《クリッター》の存在から、昔から強力なデッキとして使われた。

【リクルーターアンデ】

 《ピラミッド・タートル》を軸にした【アンデット族】
 《龍骨鬼》《スカル・フレイム》《茫漠の死者》などの上級モンスターをリクルートする。
 《地獄の門番イル・ブラッド》リクルートして再度《ピラミッド・タートル》効果を使う事なども可能。
 詳しくは【アンデット族】を参照。

【リクルーター昆虫】

 《デビルドーザー》特殊召喚を目的とした【昆虫族】
 《共鳴虫》で、自身の他に《ドラゴンフライ》アルティメット・インセクト特殊召喚したい。
 《代打バッター》《ゴキポン》の活躍も期待できる。
 詳しくは【昆虫族】を参照。

【リクルータードラゴン】

 《龍の鏡》による《F・G・D》特殊召喚が肝の【ドラゴン族】
 《仮面竜》で、自身の他に《軍隊竜》《ボマー・ドラゴン》アームド・ドラゴン特殊召喚したい。
 詳しくは【ドラゴン族】を参照。

【リクルーター天使】

 2種類のリクルーター《オネスト》《ムドラ》による強化を軸に置いた【天使族】
 《シャインエンジェル》《コーリング・ノヴァ》はお互いをリクルートし合えるので、安定しやすい。
 《ムドラ》リクルートこそできないが、リクルーター宣告者墓地を肥やす事で、強化していける。
 《ムドラ》攻撃力は下がるものの《貪欲な壺》で根こそぎリクルーターデッキに戻すと、ドローしつつや戦闘要員として使える。
 《オネスト》《コーリング・ノヴァ》から守備表示リクルートすれば、守備力の高さを活かせる。
 天使族で統一できるのならば、《一族の結束》による全体強化も考慮できる。

 また、《天空の聖域》があれば、リクルーター自爆特攻によるダメージが0になる。
 しかも、《コーリング・ノヴァ》から《天空騎士パーシアス》特殊召喚できるようになるおまけつき。
 2種のリクルーターを含めて光属性が多いことを利用すれば、《神聖なる魂》の展開も容易である。
 高めの攻撃力に加え、相手ターンの生存率も上昇する。

 《アルカナフォース0−THE FOOL》《コーリング・ノヴァ》から守備表示リクルートし、裏の効果を得られればさらに場持ちはよくなる。
 リクルーターとともに《強制転移》との相性がよく、攻撃表示のまま送りつければサンドバッグにできるが、《天空の聖域》下ではダメージを与えられないので注意。

 墓地を肥やすカードとして《光神機−桜火》《天空の使者 ゼラディアス》も活躍できる。
 《光神機−桜火》アタッカー除去として、《天空の使者 ゼラディアス》《天空の聖域》を投入する場合に必ず採用したい。
 コントロール転移カードリクルーターのみならず自壊効果を持つ《光神機−桜火》《天空の使者 ゼラディアス》とも相性がいい。
 これらは《ムドラ》攻撃力を上げるだけでなく《神聖なる魂》特殊召喚するための墓地コストにもなる。

 モンスター除去《堕天使ディザイア》《異次元の女戦士》で行えばよい。
 場持ちのよさから《堕天使ディザイア》リリースを確保するのは簡単だろう。
 墓地に落ちても蘇生できないので《貪欲な壺》リクルーターともどもデッキに戻せばよい。
 《異次元の女戦士》《シャインエンジェル》からリクルートでき、効果の発動後は除外されるので《一族の結束》の邪魔にもならない。

 また【ジャンク天使】という派生も存在する。
 このデッキ1ターンキルが目的のため、《ムドラ》《神聖なる魂》は採用されにくい。  

このデッキの弱点

 全体的に攻撃力が低いため、《サイバー・ドラゴン》等に対処しづらい。
 さらに《冥界の魔王 ハ・デス》《虚無魔人》《幻層の守護者アルマデス》等に効果を封じられては目も当てられない。
 《ハイドロゲドン》《阿修羅》に、こちらのモンスターを一網打尽にされる可能性もある。
 《閃光の追放者》《次元の裂け目》《マクロコスモス》等の全体除去を用意されても、やはり効果を封じられてしまう。
 これらには各種除去《王宮のお触れ》等で適宜対応していくしかない。
 「対応される前に勝利する」ぐらいの意気込みは必要だろう。

 またそもそもモンスターを展開しない【ロックバーン】等には効果が活かせず、押し負けてしまう可能性がある。
 これらにも除去は有効なので、やはり十分に用意しておきたい。

サンプルレシピ

関連リンク

広告