【リクルーターカオス】

デッキの概要

 【リクルーター】の特性を活かし、《キラー・トマト》《シャインエンジェル》墓地光属性闇属性を溜める【カオス】
 【RC】(Recruiter Chaos)、【リクルカオス】等とも呼ばれる。

《キラー・トマト/Mystic Tomato》
効果モンスター
星4/闇属性/植物族/攻1400/守1100
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
自分のデッキから攻撃力1500以下の闇属性モンスター1体を
自分フィールド上に表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。
《シャインエンジェル/Shining Angel》
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1400/守 800
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
デッキから攻撃力1500以下の
光属性モンスター1体を表側攻撃表示で特殊召喚できる。
《見習い魔術師/Apprentice Magician》
効果モンスター
星2/闇属性/魔法使い族/攻 400/守 800
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
フィールド上に表側表示で存在する魔力カウンターを
置く事ができるカード1枚に魔力カウンターを1つ置く。
このカードが戦闘によって破壊された場合、
自分のデッキからレベル2以下の魔法使い族モンスター1体を
自分フィールド上にセットする事ができる。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

 上記以外のモンスターに関しては比較的自由度が高いため、【光属性】および【闇属性】を参照しつつ選択すると良い。

魔法・罠カードについて

このデッキの弱点

 リクルーターを筆頭に下級モンスターの多くは低ステータスであるため、《魔のデッキ破壊ウイルス》には非常に弱い。
 また、全体攻撃モンスター連続攻撃モンスター相手では、リクルートしたモンスターまで戦闘破壊されてしまい、戦線を維持しきれなくなってしまう。
 その他にも戦闘破壊を重視せずに除去を多用するデッキ相手では、リクルーターの特性を生かしきれない。

 カオスモンスターリクルーターに共通する弱点としては、《マクロコスモス》等の無差別除外カードが存在する。
 無差別除外カード発動していると、《見習い魔術師》以外のリクルーター墓地へ送られないために効果発動できず、モンスター墓地へ送られないためにカオスモンスター特殊召喚できなくなる。

デッキの歴史

第4期(2004〜2006年)

 05/09/0106/03/01環境では《見習い魔術師》裁定変更及び《貪欲な壺》の登場により主流デッキとなる。
 《カオス・ソーサラー》以外のカオス禁止カードとなったことで、《カオス・ソーサラー》をいかに使うかに焦点が当てられていた。
 【除去ガジェット】主流デッキであったことや、【ミーネ・ウイルス】等で使用される《死のデッキ破壊ウイルス》への対策手段として、攻撃力1400のリクルーターの評価が上がっていたことも大きい。

 リクルーターを用いることで墓地肥やしが容易となり、墓地を肥やす能力に劣る【サイカリカオス】に比べ、《貪欲な壺》を投入しやすいという利点があった。
 また、《見習い魔術師》から《聖なる魔術師》リクルートし、《貪欲な壺》《強欲な壺》を再利用も狙えるのも大きい。
 このデッキは、同時期に登場した【雑貨貪欲カオス】の基盤ともなっている。

第5期(2006〜2008年)

第6期(2008〜2010年)

第7期(2010〜2012年)

サンプルレシピ

代表的なカード

関連リンク

広告