【儀式エクゾディオス】

デッキの概要

 第5期から存在する、《究極封印神エクゾディオス》自己強化を利用した1ターンキルデッキ及びそのコンボ
 《高等儀式術》デッキから大量の通常モンスター墓地へ送る事で、《究極封印神エクゾディオス》1ターンキル級の攻撃力を与える。

 【高等儀式術】レベルの低い通常モンスター数枚と《究極封印神エクゾディオス》を採用してギミック単位で運用する事もできる。

《究極封印神エクゾディオス/Exodius the Ultimate Forbidden Lord》
特殊召喚・効果モンスター
星10/闇属性/魔法使い族/攻   ?/守   0
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地のモンスターを全てデッキに戻した場合のみ特殊召喚できる。
このカードの(2)の効果で「封印されし」モンスター5種類が
自分の墓地へ送られ全て揃った時、自分はデュエルに勝利する。
(1):このカードの攻撃力は、自分の墓地の通常モンスターの数×1000アップする。
(2):このカードの攻撃宣言時に発動する。
手札・デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
(3):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
《高等儀式術/Advanced Ritual》
儀式魔法
儀式モンスターの降臨に必要。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターと同じになるように、
デッキから通常モンスターを墓地へ送り、
手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。

デッキ構築に際して

 コンボの為に手札に必要なカード《高等儀式術》儀式モンスター《究極封印神エクゾディオス》の3枚。
 これらを手札に揃えるためのサーチカード等、1ターンキルの為には基本的にお膳立てが必要であり、それを意識した構築が必要となる。

メインデッキモンスターについて

フィニッシャー

儀式モンスター
《高等儀式術》で大量の通常モンスター墓地へ送れる高いレベルを持ち、その効果《究極封印神エクゾディオス》攻撃を通すためのサポートができるものが望ましい。
《究極封印神エクゾディオス》攻撃時にデッキモンスター墓地へ送る事ができるため、直接攻撃を狙う場合、儀式モンスターレベルは7あれば1ターンキルに届く。
《高等儀式術》はあらゆる儀式モンスター儀式召喚できるので、複数種採用して状況によって使い分ける事も考えられる。

コンボパーツのサーチャー

通常モンスター
《高等儀式術》で大量に墓地へ送るため、レベルが低いものが好ましい。
主にデッキに眠っている事がコンボの前提なので、手札に来てしまったらリンク素材手札コスト等にして墓地へ送り《究極封印神エクゾディオス》特殊召喚する時にデッキ戻すといい。
採用されるのは主に守備力に長ける《大木炭18》《ガード・オブ・フレムベル》等だが、ステータスを活かさないのであればどれを選んでも大差はない。
《究極封印神エクゾディオス》での特殊勝利を狙ったり、ブラフとするならエクゾディアパーツを採用するのもよい。
ただし特殊勝利を狙う場合、エクゾディアパーツ《究極封印神エクゾディオス》自身の効果墓地へ送る必要がある事には注意したい。

エクストラデッキモンスターについて

 メインデッキモンスターを主力とするため、エクストラデッキへの依存度は低いが、手札に来てしまった通常モンスター墓地へ送るためにリンクモンスター等の採用が考えられる。

魔法・罠カードについて

儀式召喚儀式モンスターサポート

戦術

コンボの中核を成す《究極封印神エクゾディオス》儀式召喚関係と比べると気軽にサーチできないので、確実に手札に加えるのであれば少々の手間が必要になる。
コンボに特化させすぎず、1ターンキルとは別な戦術を選択できるようにしておく事も考えられる。
【高等儀式術】の要素を色濃く受け継いでいる為、【通常モンスター】気味の戦術を利用する事もできる。

このデッキの弱点

 サーチ特殊召喚墓地送りの妨害などの【高等儀式術】共通の弱点に加え、1ターンキルを意識した戦術を想定しているため穴は多い。
 除去カードでの対処などは構築段階である程度意識しておく必要がある。

代表的なカード

関連リンク

広告